台湾・澎湖(ポンフー)おすすめ観光スポット「風櫃洞」




どうも!!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今日は先月上旬に行った台湾のリゾートアイランド、澎湖(ポンフー)のおすすめ観光スポットを紹介したいと思います。

風櫃洞(風櫃濤聲)

山水ビーチから車で15分くらいの距離にある風櫃洞。馬公市からは少し離れていますが、それでも車で30分以内で着く距離にあります。

ここで有名なのは風櫃濤聲と言うポイントで、インターネットとパンフレットの情報を頼りに行ってみることにしました。

 

ここら辺の沿岸は発達した玄武岩の柱状節理があり、長年波の衝撃を受け海蝕によって小さな海蝕洞ができました。

 

海蝕洞というのは、波などによって形成された洞窟のことです。

その洞窟に、風や波がぶつかる衝撃でできる空気圧などにより、クジラの潮吹きのような現象が起きて、洞窟の上部からゴォーっという音と共に海水が噴出します。


この日もたくさんの人で賑わっていました。

ここは下が岩なのであまり感じませんが、海水の透明度は高いと思います。

こちらが海蝕によってできた洞窟です。真上から見るとこういう感じ。

それにしても海の色が本当にキレイですね。人口のプールのような色をしていました。

写真の真ん中のほうにある小さくて暗い穴のようなものが洞窟です。

水が満潮気味だったので洞窟も小さく見えますが、水が引いたらきっとそこそこ大きいんじゃないかと思います。

この洞窟に波が当たると、その衝撃でクジラの潮吹きのように上部から海水が噴き出すんですね。

残念ながらこの日は波がなく、見ることはできなかったです・・・。

本当ならその様子を動画で紹介したかったんですけど、波がなくて撮れなかったので、興味のある方はYouTubeで「風櫃濤聲」と検索して見てみてください。

 

目の前にあるお店で飲み物などを売っているので、スポーツドリンクを買いました。

5月上旬と言っても台湾(澎湖)は暑いので、熱中症対策は必要ですよ。

まとめ

澎湖旅行の最終日に行った「風櫃濤聲

音や噴き上げる水しぶきは見聞きできませんでしたが、洞窟付近の水のキレイさは一見の価値ありです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

 

LINEで送る







あわせて読みたい