【台湾生活】自由すぎる台湾のスーパーのおばちゃん

eaa_s

你好!!

台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今日はふと思い出した台湾の自由すぎるスーパーの店員さんのお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

スーパーの店員

かなり前のことになります。

まだ台湾に来たばかりでパートナーと近所のスーパーに生活用品を買いに行ったときのこと、
いきなり知らないおばちゃんがわたしに向かって話しかけてきました。

言ってることがわからずパートナーに「この人なんかいってるけどなんて言ってるの?」と聞いたら
今度はパートナーがなにやら捕まってちょっと逃げ腰で話していました。

二人で逃げるようにその場を去りお会計の時に「なんていってたの?」と聞くと
あのおばさんが「あんたたちそんなに買っているんだからシールたくさんもらえるわね、わたしにくれない?」

といわれたと聞いてビックリ!結構しつこくされていました。
しかもそのおばちゃんはスーパーの店員さんでした(笑)

ちなみにシールとは日本でもよくある何枚か集めると景品がもらえるやつです。

その店員さんはレジの外で待っているとのこと。
そしてわたしが外を見ると本当にいました!!

ありえねー!!!!
と内心動揺しましたが、心のどこかでこの結末がどうなるのか興味も出てきました。
これも台湾ではよくあることなのかと思い相方に聞いたところ、「いや、ないから」と
普通に言っていました。

そして

相方
どうしようか?

イッセイ
要らないの?

相方
いる
イッセイ
じゃあげなくていいね、ていうかあの時いわなかったの?
相方
いえなかった
イッセイ
マジで!?

とはなしているうちに、お会計もおわりおばちゃんが笑顔でこちらをガン見して待ち構えています。

最終的にわたしたちがとった方法は二人でずっと話しながら足早にスルーする事でした。

向こうも渡す気がないと気づいたのでしょう。

わりとあっさり引き下がってくれましたが、はじめての経験で帰りの車の中で「ビックリしたー」を連発しました。

台湾の店員さんはわりと勤務時間でもスマホをいじっている人も多く、日本ほど厳しくないのかもしれませんが店員さんがそのお店のお客に、自分の店のシールをくれといってくるのは珍しいのではないでしょうか。

しかも結構ちゃんとしたスーパーです。

これも少し前のことですが駐車場で車をとめようとしたら時、その時もおばちゃんでしたが、大声で「そこは他の車が出入りするのに邪魔だからにとめんじゃねー!!!」と強い口調で言われ他のスペースを見つけ車をとめました。

それから少しして他の車がスーッとさっきダメだと言われた場所にとめました。

その時は注意しなかったので、帰りに相方が「さっきダメだって言ってた所、ほかの車とめたよね」

と言ったら、「は!?そんなこといってないけど、頭大丈夫?」

と言われたといい怒って口論になったりと特に中高年の女性がパワフルな印象があります。

それでいて次会った時には何事もなかったかのようにしていて、根に持つ人が少ない気がします。

そこが日本人からしたらこの間はあんなに怒ってたのになんで?!みたいなところで理解できないのかもしれませんね。

振り返ってみるとわたしはそれなりに楽しんでいる気がします。

もちろんさっき話したスーパーに行くときは今でもササっと帰りますけどね(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク