【台湾観光】嘉義市にある檜意森活村(ヒノキビレッジ)




ニーハオ!
台湾高雄在住日本人のイッセイです。

我是住在台灣高雄的日本人一誠。

 

今回は嘉義市にある檜意森活村を紹介します!!

嘉義市・檜意森活村

台湾南部にある嘉義県(市)

2014年の台湾映画、”KANO 1931海の向こうの甲子園”で、嘉義市を知った方もいるかと思います。

KANO公式サイトはこちら

また嘉義は、国定公園の阿里山がある県としても有名ですね。

今回はそんな嘉義市にある檜意森活村に行ってきました。

檜意森活村は昔の日本家屋を復元した観光地

この場所は日本統治時代、林業に携わった人たちの宿舎28棟を修復し、新たな観光地に生まれ変わりました。

 

前に屏東の青島街にも行きましたが、少し感じが違います。

阿里山林業史館(T25A)

こちらは入場無料で入れる資料館。

嘉義の開発に不可欠な林業について学ぶことができます。

 

当時使用していた道具や、写真などが展示してありました。

浴衣の貸し出しもしている!

 

日本に行くと観光地でよく見る浴衣のレンタルですが、台湾でも貸し出しをしているお店があるんです!

料金は大人550元(2時間)男性も貸し出ししています。

髪のセットもプラス200元でしてくれますよ。

 

写真はありませんが、相方が借りていました(笑)

確か以前も観光客でごった返す浅草で借りて、他の観光客に写真を撮られたりしていましたね。

果物好室で昼食を食べる

昼食はこちらの果物好室でいただきました。

店内はとても綺麗でとても居心地が良かったです。

︎ここにも浴衣を借りている人がいました。

どうやらお店のスタッフさんらしいです(笑)

日式家常咖哩230元

ゴロゴロっとしたジャガイモや人参が日本の家庭のカレーっぽかったです。

セットで付いていたデザートの羊羹。

甘すぎずさっぱりとして食べやすかったです。

まとめ

嘉義は年に1回行くか行かないかくらいの場所ですが、また来たいと思います。

統治時代の建物ではありますが、日本の古い家屋を蘇らせ、大切にしてくださっている地元の方々には”ありがとう”という気持ちが真っ先に浮かびました。

檜意森活村
住所嘉義市林森東路1號
電話05 276-1601
営業時間10:00-18:00
公式ページ檜意森活村HP
アクセス台湾鉄道「嘉義駅」から徒歩でおよそ20分。Googleマップ

※訪問時の情報です。当ページで掲載した内容が変更してしまっている可能性もありますので、ご了承ください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい