【台南観光スポット】億載金城(二鯤身砲台)に行ってきた

你好!

台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

昨日はちょっと用事があって台南に行ってきました。
色々観光してきたのでご紹介してみたいと思います。
まず第一弾は億載金城です。

スポンサーリンク

億載金城

億載金城と言っても城はありません。
そもそもここができるきっかけとなったのは、1874年に発生した牡丹社事件でした。

詳しくは牡丹社事件で検索してみてください。

DSC02565
こちらが入口になります。
入場料は大人一人50元 子供25元

親切な係の方が出迎えてくれました。

DSC02570
台湾の固定古跡(一級古蹟)にも指定されている歴史のある観光スポットです。

DSC02576
ここで記念撮影をする人が多かったです。

入り口となる城門はフランドル積み構造が用いられている。
幅7メートル、高さ6.2メートル、奥行き21.6メートルのアーチ型のトンネル。

城門の上には億載金城、内城の門額には萬流砥柱と書かれています。
これらの門額から二鯤身砲台は、億載金城とも呼ばれています。

城門の手前に跳ね橋と呼ばれる橋があるのですが、城門の出入り口には欄干のない木の板により吊り橋がかけられ、敵軍の来襲があった際には板を跳ね上げることで敵軍の侵入を防いだ。

日本統治時代、砲台はすでにその機能を失って観光地となっており、料亭などが建てられていました。

橋は固定された橋に修復され、民国時代に度々改修されて今日の姿となっています。

出典:台南市政府文化局

DSC02571
正面左側にある堀は自力で漕ぐボートがあります。
この日は尋常じゃないくらい暑かったので遠慮しました笑

普段外に出ないで部屋でクーラーばかりつけているのがいけないのかもしれませんね。

DSC02577
城門から出て突き当たりにある広場は操練場があります。

これは元々、1500人の兵士が収容可能な軍事演習場として設計されました。
操練場の中央には光緒十年(1884年)に設置された池があります。

砲撃によって火災が発生したばい、この池に貯められた水で消火を行います。
現在池は埋められて緑の草地となっています。

出典:台南市政府文化局

DSC02578
正面広場を少し右に歩くと、億載金城のマップがある。

小型砲

DSC02579
こちらは1975年に模造された観賞用のレプリカです。

アームストロング砲

DSC02586
レプリカですが迫力があります。

イギリスの18tアームストロング砲は酒瓶のような形をしています。
三段構成で砲身4.6メートル、口径は25.4㎝です。

大砲は三合土(石灰と土、砂を混ぜた土)によって造られた砲座の半円形砲架に設置されており、大砲の間には遮蔽用の盛り土がされています。

砲座の下には本来、厚さ約2尺の三合土の重ね板があり、下部には木製の柱で支えられた兵舎と弾薬庫がありましたが、残念なことにすでに破壊されており、斜壁に改修されて土で覆わられています。

現在配置されている3門の大砲は1975年に模造された観賞用のレプリカです。

出典:台南市政府文化局

兵舎と小型砲弾薬庫跡地

DSC02603
兵舎と小型砲弾薬庫跡地。
今は原型がなく、言われなければそれとわかりません。
鉄骨と安全ガラスで保護されていますが、横の上部だけガラスがありません。

わたしたちはサクッと見たためか30分くらいしかいなかったと思います。

⬇︎ 台南の関連記事はこちら
【台湾・台南観光】展示品を見てガジュマルの生命力に圧倒される安平樹屋

億載金城(二鯤身砲台)
住所 台南市安平區光州路3號
電話 (06)295 1504
時間 営業時間:08:30~17:30

入場料:大人50元 子供25元

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク