台湾・高雄の天気と服装について




ニーハオ!!

台湾在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

あなたは海外旅行に行く時の服装で悩んだ経験はありませんか?

台湾は日本と比べるとかなり暖かく湿度も高めなので、服装や持ち物などどうしたらいいか尋ねられることがあります。

そこで今回は台湾の天気と気温、高雄での服装についてお伝えしたいと思います。



台湾の平均気温

※交通部中央気象局の過去30年(1981〜2010年)のデータをもとに作成

水色の線が高雄、緑の線が台北、黄色の線が台中になります。

台湾は日本とフィリピンの間にある島で、北回帰線を挟んで北部が亜熱帯、南部が熱帯に属しています。

現在わたしが住んでいる高雄は一年を通してあたたかく、長い夏に短い冬があるといった感じではっきりとした四季は感じません。

台湾の面積は九州より少し小さいくらいですが、北部と南部では冬になるとかなりの温度差があります。

ただ冬でも東京などと比べると暖かく、平地で雪が降ることはありません。

2016年1月には、北部の陽明山で積雪があったとニュースなどで連日お祭りのように報じられていましたが、この時は過去43年間でもっとも気温が低い4度を記録した年で、山地に5センチ程度雪が積もっただけでした。

それでもこの時、積雪を一目見ようと大勢の人が陽明山に向かい、山間部は大渋滞になったようです。

台湾人の相方はかなり日本に行っているんですけど、冬にわざわざ北海道に雪を見に行った回数が、ダントツで一番だと言っていました。

温暖な地に住む台湾人にとって、雪はそれほど珍しいものなんだなと思ったのを覚えています。

高雄の天気と服装

※交通部中央気象局2016年のデータをもとに作成

上の表をご覧いただくとわかりやすいかと思いますが、実は高雄の夏は気温自体は南国というほど高くなりません。

ただし日差しが強く湿度が高いので、体感的にはものすごく暑く感じます。

反対に12月〜2月の一番寒い時期ですが、もちろん夏と比べたら寒さは感じるものの、こちらも台北と比べてもかなり暖かく過ごしやすい日が続きます。

もちろん平均気温なので10度くらいになる日もありますが、個人的には冬場でも日中なら長袖やサマーベスト、サマーニットがあれば十分だと思います。

ただ朝晩出歩くのなら薄手のジャケットが必要になってくるかもしれません。

1月〜2月は場所にもよりますが、寒暖の差が激しいので風邪をひかないように気をつけたいところですね。

高雄の服装まとめ
・3月〜5月 Tシャツや半袖シャツでOK!(お店によっては冷房が強いところもあるので、羽織るものがあると良い)

・6月〜9月 Tシャツや半袖シャツでOK!(帽子や室内の冷房対策で羽織るものがあると良い。)

・10月〜11月 日中は半袖で過ごせる日もありますが、朝晩は涼しくなるので長袖や羽織るものを持っていくのを忘れずに。

・12月〜2月 日中は薄めの長袖と春物のアウター(ジャケット等)を持っていくと安心です。

急な雨や日よけとして折り畳み傘や、UVカットシャツ、目の日焼け対策としてサングラスがあるといいでしょう。

夏場は汗を吸収してくれるハンカチや、清涼感のあるボディシートが大活躍します。

あとは夜市などで食べ歩きする機会もあるかと思うので、多少汚れてもいい服と、道路がちゃんと舗装されていない道もあるので、歩きやすい靴を履いていくこともお忘れなく。

最悪足りないものがあったとしても、高雄にも日系デパートなどがあるので買うこともできます。

台湾の平均降水量

 

※交通部中央気象局の過去30年(1981〜2010年)のデータをもとに作成

台湾に来たら何と言っても心配なのは、急な大雨や強風を伴ったスコールですね。

高雄は夏場(6月〜9月頃まで)にかなりの量の雨が降ります。意外と見落としがちですが、濡れてもいい靴を持っていったほうがいいです。

靴は意外とかさばるので、雲行きが怪しければ現地調達でもいいと思います。

出発前に台湾の天気を確認しよう

⬇︎天気予報を確認して持ち物の最終チェックしましょう。

日本気象協会

中央気象局(台北の天気)

中央気象局(高雄の天気)

台湾は日本に比べ天気が変わりやすいので、こまめにチェックしたほうがいいかもしれません。

まとめ

同じ気温でも人によって感じ方が違うので、寒がりの人は暖かめの服を持っていく等その人にあった服装が大事かなと思います。

それでは快適で素敵な台湾の旅をお楽しみください!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る







あわせて読みたい