【台湾新幹線】台湾高速鉄道で行く!高雄から台北の行き方




ニーハオ!

台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は、台湾新幹線(台湾高速鉄道)を使って、高雄から台北(台北〜高雄)に行く方法をご紹介します。

台湾高速鉄道

台湾高速鉄道(台灣高鐵/Taiwan High Speed Rail)は2007年1月に開業しました。

台北市(南港)から高雄市(左営)までの348.5㎞を最速1時間30分ほどで行くことができます。

車輌は日本人にも馴染み深い、JR東海とJR西日本で輸出用に共同開発した700T(700系の改良版)を使用しています。

日本から観光で訪れる方も、LCC路線の拡大などで高雄にも来やすくやりましたし、新幹線が走ることによって台北から高雄まではもちろん、台中、嘉義、台南、などもセットで楽しめるようになりました。

わたしが台湾に移住した時はすでに新幹線があり、当たり前のように短時間で高雄から台北まで行くことができるようになっていましたが、新幹線が開業する2006年以前から高雄に住んでいる相方は、「1〜2ヶ月に一度は台北に行く用事があるので、本当に便利になった」と喜んでいます。

※2018年11月15日現在、台湾高速鉄道の乗車券を購入すると宿泊費が無料になる(オンライン限定)、「高鐵假期線上旅展」を開催しています!

高鐵假期線上旅展

この機会にぜひ利用してみてくださいね。



高鉄左営駅(乗車券の買い方)

高鐵左營站

▲高鐵左營站(ガオティェ ズォインヂァン/gāotiě zuǒ yíng zhàn)

高雄から新幹線を利用する時は、高雄駅ではなく「高鐵左營站」になりますのでご注意ください。

ちなみには、日本語ではという意味です。

こちらの5入口は、駐車場から駅に入る時の入口ですが、CoCo壱番屋やお寿司屋さん、モスバーガーなどがあります。

▲5入口から入って少し歩くと右側に切符売り場があります。

切符をゲットしたら5入口から一番手前の自動改札を抜けましょう。

窓口が混雑している時は、自動券売機もあるので時間がない時は重宝します。

一番のおすすめはインターネット予約

台灣高鐵Taiwan High Speed Rail

台湾に来る前から、新幹線を利用することがわかっているのであれば、インターネット予約をおすすめします。

中国語が苦手な方も、日本語の予約システムがあるので、安心してチケットを購入することができますよ。

インターネット予約をする際、パスポート番号、電話番号、メールアドレスの記入が必要です。

チケットを受け取る際は、予約番号と身分証(パスポートが必要になるので、予約番号はプリントアウトするなどして、大切に保管しましょう。

操作はそれほど難しくありませんが、予約方法について別記事があるのでご覧ください。

台湾のコンビニ(セブン・イレブン、ファミリーマート、ハイ・ライフ、OKマート)でも購入することができるので、機会があればこちらもお試しください。

高鐵左營站

わからない時は親切な駅員さんがいるので、タイペイとだけ言えば案内してくれると思います。

︎︎⬇︎台湾の新幹線の予約に使える便利な無料アプリ。

台灣高鐵 T Express行動購票服務
台灣高鐵 T Express行動購票服務
無料
posted with アプリーチ

QRコードを自動改札機にかざすだけで新幹線に乗れちゃいます!

dsc00500y

列車番号と時間を確認して新幹線に乗り込みましょう。

台湾新幹線

少し早かったようで車内清掃していました。

ちなみに高雄から新幹線で行くときは始発になるので自由席で座っていけます。

dsc00509y
車内は日本の新幹線と変わりありませんね。

この日は出発時間が昼ころだったので、日曜日でもかなり空いていました。
途中台南、嘉義、台中、新竹、桃園、板橋にとまり約2時間ほどで台北に着きます。

列車によっては、約1時間半で高雄〜台北まで行けるものもあります。

この時は車内でスマホを使い、調べ物などしていたらあっという間に到着しました。

極力周りの方の迷惑にならないよう気をつけましたが、一度だけ愛犬を連れて台北まで行ったこともあります。

台湾は電車内での飲食の罰則はかなり厳しいかわりに、ペットなどには寛容で、キャリーバックに入っていれば何も言われません。

台北101の行き方

dsc00516y

この日はたまたま台北101の方に仕事があったので、行き方をご紹介します。

まず新幹線の改札を抜けて、象山行きのホームを探し台北車站(台北駅)から101へ向かいました。

dsc00518y

台北101に行くには赤ラインの象山行きで行くことができます。

dsc00520y

この日は相方の仕事の付き合いで台北まで来ましたが、せっかくなので仕事終わりに台北101と三越に寄ってみることにしました。

dsc00527y

101はかなり混んでいたので、展望台に行くのはやめにして三越の近くのカフェで少し休憩しました。

やはり高雄とは、人口密度も観光客の数も全然違いますね。

dsc00535y
台北の皆さんも楽しそうに大道芸を楽しんでいました。

この日はそんなに長居しなかったので、次回は台北のグルメなどもっと楽しんで帰りたいと思います。

なるべくなら帰り(高雄行き)は指定席がいい

高雄から台北方面に行くときは、高雄が始発なので自由席で座っていけるんですけど、台北駅から高雄方面へ帰るときはかなり人が多い(日曜日の夜など)ことと、北の始発駅・南港駅から出る新幹線もあるので、なるべくなら指定席を予約した方が安心です。

曜日や時間帯はもちろん関係ありますが、以前帰りのチケットを予約し忘れ自由席で帰った時、ものすごく混んでいて途中まで立って帰ったことがありました。

台北⇆高雄は直進で1時間半で着いてしまうので、最悪座れなくても問題ないという人は自由席でもいいと思いますが、混雑しそうな時は指定席を買った方がいいような気がします。

まとめ

最近は、LRTの第一期区間開通や台鉄「高雄駅」の新駅舎もでき、肌で発展していることを感じる高雄。

高雄から台北まで最短で1時間半で行けるので、日帰りで烏来温泉九份にも行ってきました。

まだしばらく先になりそうですが、MRT黄線(イエローライン)も開通する予定で、交通インフラも徐々に整ってきています。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい