《台湾高雄スイーツ》おしゃれな店内で創作スイーツが食べられる「日食生活 today’sweet」




こんにちは!
台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は、高雄で美味しいスイーツが食べられるお店をご紹介します。

日食生活 today’sweet

▲レトロな雰囲気の外観

高雄MRT三多商圈駅から車で5分ほど走った場所にある、日食生活 today’sweet

近くには人気のベーカリー「呉寶春麥方店」があります。

オーナーの江(Jamie)さんは、初めは自転車でスイーツの移動販売をしていたそうです。

2016年に現在の場所にお店をオープンさせました。

▲入り口前のちょっとしたスペースも上手に活用

古い建物をリノベートしたおしゃれなお店です。

店内の様子

店内はたまたまお客さんがいなかったせいか、静かで落ち着いた雰囲気でした。

きっとお客さんがいても静かだと思います。

オーナーは本業の菓子職人の他に料理講師もしているそうで、1階がカフェで2階がキッチンスタジオになっていて、料理教室も定期的に行っているそうですよ。

1階の奥、階段手前にはカップや茶碗などの陶芸品などが並んでいました。

赤いドアや木製の窓枠も可愛らしくて印象的です。



メニュー

▲オリジナル創作スイーツ

こちらのお店には創作スイーツの他に、太陽餅(タイヤンビン)や鳳梨蛋糕(パイナップルケーキ)に、雪球餅などのお菓子が置いてありました。

▲小太陽餅35元、鳳梨蛋糕40元

デザートは晚霞と抹茶千層を注文。ドリンクは沖繩黑糖奶茶(沖縄黒糖ミルクティー)を頼みました。

頼んだスイーツがこちら

▲抹茶千層(100元)、晚霞(145元)、沖繩黑糖奶茶(120元)

チョコレートでコーティングされた側面に、クランベリーなどの甘酸っぱい果実ソースが入った晚霞。

着色料や防腐剤などの添加物は一切使用していないので、安心していただけます。

こちらは抹茶のミルクレープ。

甘さ控えめで、抹茶の風味が広がるこちらもオススメの一品です。

▲鳳梨蛋糕と太陽餅

台湾土産の定番、パイナップルケーキと太陽餅もいただきました。

両方とも甘さ控えめで、パイナップルケーキのしっとりとした食感と、太陽餅のパイのようなサクサク感が対照的です。

こちらは1つから買えるので、会社などの複数人いるところへのお土産としても重宝しますね。

まとめ

隠れ家的な雰囲気で、美味しい創作スイーツをいただくことができる日食生活。

この日はオーナーは不在でお会いできませんでしたが、いつかスイーツに対する哲学や、他のお話も伺ってみたいと思います。

日食生活 today’sweet
住所高雄市苓雅區四維三路8巷51號
電話07-3337-599
営業時間11:00〜18:00
定休日月曜
URLhttps://www.facebook.com/eclipse2013/
アクセス高雄MRT「三多商圈駅」からタクシーで約4〜5分。
Googleマップ

※訪問時の情報です。当ページで掲載した内容が変更してしまっている可能性がありますのでご了承ください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい