【台湾旅行】高雄の定番観光スポット愛河の愛之船

你好!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は夜になるとカップルたちで賑わう高雄の観光スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

【愛河】愛之船(Love Boat)

夜の愛河は写真等でご存知の方も多いと思いますが、日中の景色もいいですよ!
ということで今回は日中に行ってきました。

付近の散策もいいですが、愛之船(Love Boat)に乗ることにします。

01366
↑船乗り場は国賓大飯店(アンバサダーホテル)を目印に向かいにあります。

1376
↑こちらで乗車券を買います。料金は120元。ちなみに高雄市民はIDを見せれば80元。

ナイトクルージングが有名ですが日中は人も少ないので、ゆっくり楽しみたい方にはおすすめですよ!

土日は午前9時から。土日以外は午後3時からなので注意してくださいね。
少し歩けば周辺にいろいろな観光スポットがあるので案内図を確認すると良いですね!
これからの時期は天気の良い日は日焼け対策と熱中症対策が必須です。

紫外線が非常に強く目もダメージを受けるので、サングラス等あった方がいいですよ!

わたしはこの日サングラスを忘れてしまい、帰ってから何度も目薬をさしました。

1372

こちらは日本語でも説明が書いてあります。

この船はソーラーパワーを動力としているみたいですね。
これからもどんどん自然エネルギーを利用していって欲しいです。

01374
出航まで時間がある時は道沿いのカフェやこういった場所で記念撮影も楽しめます。

1373
準備ができたようなので早速行ってみます!

1383
早速乗船すると日本語が話せる操縦士さんが「日本人の方ですか?」と話しかけてくれて日本語ガイドのビデオを用意してくれました。

1384
台湾(高雄)は本当に日本語の説明が多く観光客に優しい所です。
同じ船に東南アジア系らしき人たちの団体も乗りましたが、とても楽しそうでした。
他の国の方が圧倒的に多かったのに(日本人はわたしだけ)申し訳ないと思いつつ、楽しませてもらいました。

385

これも日中ならではなのかもしれません。
中国語のガイドさんもいてマイクで説明してくれています。

01404
天井部分がソーラーパネルになっていてここから動力を得ているんですね!

397
日中も十分楽しめますね。
午後の日差しを川面に反射させながらゆっくりと船は進みます

1400
向こう側に見えるのは高雄85ビル。

高雄の厳しい日差しを避け、優しい潮風に吹かれて過ごす午後のひと時を堪能しました。
最近時間の使い方って重要だよなーと思います。

夜の愛河は昼と全然違います!

08-23y

高雄捷運HPより

高雄のMRTは紅線(南岡山-小港)と橘線(西子灣-大寮)がメインで、乗り換えの必要な駅は美麗島站だけなので覚えやすいですね。

愛河へ行くには橘線(西子灣-大寮)04の市議會駅でおります。

01582

市議會站2番の出口でおります。

↑2番の出口から徒歩10分くらいで愛河に着きます。
夜はいくらか涼しいので散歩するなら夜をおすすめします。

虫よけは必須なのでお忘れなく!

先ほどは昼の愛河を紹介しましたが、昼と夜とでは景色が全く違います。

夜の方が人が少ないのでおすすめです。

蒸し暑い夜はブルーライトがとても涼し感じます。

605

愛河の景色を楽しむ人たちよりも圧倒的に人が集まっていた飲食店。

01604

夜の愛之船は終わってしまっていたのでぐるっとまわってみることにします。
橋を渡っているときに若干年配の日本人夫婦とすれ違いました。

偶然聞こえてきたのは「夜ごはんを外で食べるか買って帰るか」という他愛もない会話でした。

ただ二人の声のトーンが心地よくて、聞いているわたしもほんわかしました。

そんな気分にさせるのか、元からそういうご夫妻なのかはわかりませんが、夜の愛河はとても良い雰囲気です。

国賓大飯店(アンバサダーホテル)ひと際目立ちます。
夜の愛河も良かったですよ!

この日はこれで帰りましたが、もう少し足をのばせば西子湾も近くにあります。

今はまだ駅の数が少なく車、バイク、タクシー、バスがほとんどなのでもう少し増えたら空気も綺麗になるんじゃないかなと思います。

愛河愛之船
住所 高雄市鹽埕區
電話 07 746 1888
営業時間 平日:15:00–22:00、土日:09:00–22:00

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク