《台湾・高雄観光》高雄駅(新駅舎)が地下化されたので電車に乗ってきました




ニーハオ!
台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は高雄に新しく開業した正義駅から、高雄駅の新駅舎に行ってきたときの様子をご紹介したいと思います。

新しく開業した正義站(正義駅)

▲台鉄「正義路口(九如一路)」

台湾鉄路管理局が運営する正義駅。こちらの駅は2018年10月14日に開業されました。

今回の注目は、新幹線が走る高鉄左営駅と併設している「新左営駅」から「鳳山駅」まで地下化されたということです。

13日は地上を走る最後の列車の姿と、14日から新たに地下化された最初の姿を見ようと、多くの鉄道ファンが徹夜で新旧ホームに訪れたそうです。

地下化の開通当日には行けなかったのですが、数日後に利用して高雄駅の新駅舎まで行ってみることにしました。

正義駅付近には駐車場もあるので、台鉄で遠出をしたいときなど利用できそうです。

今回わたしも駐車場に車をとめて、正義駅から高雄駅(新駅舎)に向かいました。

正義駅で途切れている線路

以前は踏切があったようですが、現在は正義駅で線路が途切れています。



正義駅構内

▲正義駅構内

正義駅構内は思いのほか空いていました。

高雄は公共交通機関の利用率が低いのは知っていましたが、できたばかりの駅でこの利用率は少し寂しいかもしれませんね。

▲正義駅改札口

券売機もありましたが、わたしはカードを利用しました。

台湾に旅行に訪れる際は、悠遊卡(Easy Card)か一卡通(iPass)があると便利ですよ!

正義駅から1番線は鳳山、屏東行き、2番線が高雄、新左営、台南行きになります。

今回は高雄駅に向かうので、2番線のホームに向かいました。

高雄行きの時は、少し新しい感じの電車がきました。

台湾鉄路(台湾鉄道)の電車が地下を走る姿を見るのはこれがはじめてです。

MRTは事故防止用の柵がありますが、台鉄は今のところ柵はありません。

電車が来たところを写真に収めようと、何人かの人たちが黄色い線の外側に出ていたら、構内放送で注意されていました。

こういう雰囲気は日本の駅と変わりませんね。

▲車内の様子

正義駅からの乗客をみる限りでは、かなり空いているのかと思っていましたが、車内は思ったより人がいました。

途中の駅から乗車する人もいて、実際は写真よりもう少し多かったです。

高雄の公共交通機関でこれだけの人が乗車しているのは珍しいので、やはり新駅舎を見に行く人が多のかもしれませんね。

素人なので違いがわかりませんが、乗り心地もMRTと変わらなかったと思います。



高雄駅(新駅舎)に到着

▲高雄駅メインホール

高雄駅の改札口を抜けると大きなメインホールに当たります。

実は台鉄高雄駅は現在も改装工事中で、完成予定は2023年になるそうです。

オランダにあるMecanoo社の建築家、「フランシーヌ・ホウベン(Francine Houben)」さんが設計しました。

ちなみにフランシーヌ・ホウベンさんは、衛武営国家芸術文化中心の設計もしています。

▲人気の駅弁屋

高雄駅改札を出てすぐ、東6門(East6)には人気の駅弁屋さんがありました。

高雄駅を利用することがあったら、ぜひチェックしてみてください。

▲高雄駅案内図

見づらいかもしれませんが、上の写真が高雄駅の案内図です。

赤い丸で囲んでいる場所がメインホールで、みなさん駅弁を買ったり記念撮影をしたりしていました。

ここ(B1)には台鉄の改札口があり、MRT高雄車站(R11)に乗り換えたり、サービスセンターに行くことができます。

エスカレーターを使い1階に行ってみることに。雲をイメージしたという天井が印象的でした。

天井には巨大な円形の窓があり、地下まで自然光が差し込むようになっています。

天井に大きな窓があることによって、明るさと開放感を演出しているように感じました。

▲1階

メインホールからエスカレーターで上(1階)に来ました。

九如二路、建国二路、中山路、南華路方面の出入り口になります。

現在工事中で、2023年にはもっと広くなるみたいですよ。

2023年完成予定の動画です。商業施設ができ、緑がたくさんあって完成する日が待ち遠しいです。

まとめ

2018年の10月14日に地下鉄が開通した台鉄高雄駅。

14日は2000セットの限定乗車券などの発売があったり、鉄道ファンが多く訪れる日に来たかったのですが、体調を崩していたこともあり訪れるのが少し遅くなってしまいました。

現在の高雄の交通は、バイク(スクーター)や車が中心ですが、最近は電気バスや電動バイクのGogoro(ゴゴロ)なども増えてきて、少しずつ環境対策に取り組んできているのかなと行った印象を受けます。

わたしが高雄に移り住んでから、インフラや環境美化がかなり改善されてきているように感じます。

高雄駅の地下化もその一環だと思いますが、これを機にバイクや車ではなく、公共交通機関を利用する人が増えばいいなと期待しています。

台湾鉄路「高雄駅」
住所高雄市三民區建國二路318號
電話07 237 1507
時間06:00〜24:00

※訪問時の情報です。当ページで掲載した内容は、変更してしまっている可能性がありますのでご了承ください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい