《高雄グルメ》高雄にある日本風ラーメンのお店「清川」




こんにちは!
台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は、最近わたしがよく通っているラーメン店をご紹介します。

清川日式拉麵

最近1ヶ月に2〜3以上通っているお気に入りのラーメン店「清川日式拉麵」。

こちらのオーナーは、福岡(博多)でラーメン修行をして来たそうで、スープは20時間以上煮込み、日本から取り寄せた製麺機を使用、小麦粉も日本から取り寄せるというほど、徹底した本格的なラーメンがいただけるんです。

新しくできた台鉄「正義駅」からタクシーで約5分(徒歩でおよそ10分)の場所にあります。

席はカウンターとテーブル席があります。

いつも食事どきは混雑しているのですが、この日はオープンして手間もなく入ったので空いていました。

カウンターには、ワンピースのキャラクターらしきフィギュアがたくさん飾ってあります。

メニュー(注文方法)

まずはメニューをみて、食べたいものが決まったらオーダーシートに記入して注文しましょう。

オープンし手間もない時は、食券機を利用してオーダーしていたのですが、最近はオーダーシート方式になっているみたいです。

こちらのお店に来る際は、食券機が現在も置いてありますが、使用できないので注意してくださいね。

メインのラーメンは、濃厚とんこつラーメン、魚介とんこつラーメン、辛味噌とんこつラーメン、黒にんにくとんこつラーメンなど初めてきた方はどれにしようか迷うほど種類がたくさんあります。

サイドメニューも豊富で、海老フライ、コロッケ、、水晶魚の唐揚げに花生豆花などなどたくさんありました。

ちなみにラーメンは替え玉(1人1玉)は無料です。

清川はフリードリンク

お客さんの中には知らない方もいらっしゃいますが、清川は飲み物は何杯飲んでも無料です。

基本的に甘めなドリンクが多いですが、ドリンクを飲みたい方はセルフになっているので、自分で取りに行きましょう。

味の濃さや麺の硬さが選べる

台湾は日本と比べて薄味というか、どちらかというと甘い出汁がポピュラーなので、日本のラーメンは濃く感じるそうです。

確かにわたしも最近は、日本のラーメンが塩辛く感じるようになりました。

清川では現地のお客さんに合わせて、日本風の味付け(塩辛い)と、薄味が選べるようになっています。

麺の硬さは「硬め」、「普通」、「柔らかめ」が選べます。

最初の頃は硬めを選んでいましたが、最近は普通がちょうど良いと思うようになりました。

黑蒜豚骨拉麵

▲黑蒜豚骨拉麵(薄味)240元

色々食べた末に行き着いた、黒にんにくとんこつラーメン。

最近は、この黑蒜豚骨拉麵(薄味)しか食べていません。

絶妙に焦げた感じのニンニクスープと、濃厚なとんこつとの相性も抜群です!

青ネギはプラス10元でたっぷり乗せてくれます。

麺は極細麺で腰があり、本場(博多)で食べたことはありませんが、東京に進出している博多ラーメンとほとんど変わりありません。

前述しましたが替え玉は1玉無料なので、必ずお願いしています。

替え玉はスープで薄くなるのを防ぐため、ちゃんと味付けをして入れてくれるのが嬉しいですね。

日本風の柔らかいチャーシューが4枚も入って、非常に満足の一品です。

辣味增醬油魚介拉麵

▲辣味增醬油魚介拉麵(薄味)230元

相方が頼んだ、辛味噌と魚介ベースのラーメンです。

こちらも青ネギをトッピングで入れてもらいました。

黑蒜豚骨拉麵とは全く違いますが、ピリ辛の濃厚な醤油と魚介スープに細麺がよく絡み、箸が進みます。

煮卵も味が染みていて美味しいです。

麺は前述した通り、日本の製麺機に日本から取り寄せている小麦を使用しているので、味や歯ごたえも申し分ありません。

一品料理

▲花生豆腐(50元)、涼拌洋蔥(50元)、醬燒柳葉魚(80元)

写真上の「花生豆腐(ピーナッツ豆腐)」、左の「涼拌洋蔥(玉ねぎスライス)」はさっぱりしていて、美味しかったです。

写真右の「醬燒柳葉魚(ししゃも)」は、甘露煮のような味で日本人にも合うと思います。

▲水晶魚(150元)

水晶魚の揚げ物は特にクセがなく、サクサクでかなり美味しかったです。

まとめ

もう何度も足を運んでいて、注文するものもだいたい決まってきてしまっていますが、多いときは週1回くらい行くほど飽きのこない清川のラーメン。

思い出しただけでまた行きたくなってしまうほど、クセになる味です。

清川日式拉麵
住所高雄市三民區褒揚東街78號(文山特区)
電話07 777 8276
営業時間11:00〜14:00、17:00〜21:00
アクセス高雄MRT「衛武営駅」から70バスに乗り、「褒揚街口バス停」下車。徒歩でおよそ3分。
台鉄「正義駅」からタクシーで4〜5分。徒歩で約10分。

※訪問時の情報です。当ページで掲載した内容は、変更してしまっている可能性がありますのでご了承ください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい