ガイドブックに載らない台湾・高雄の隠れ家的カフェ雲起時芸術空間

你好!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は日本のガイドブックには恐らく載っていない台湾・高雄の隠れ家的なカフェを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

雲起時藝術空間


■住所:高雄市阿蓮區崗山里崗山1號
■電話:07 633 1187
■営業時間:10:00-01:00,金土日10:00-02:00
※食事は午後9時まで

この日は急遽夜の10時頃に行ってみようということになり、高速道路を使い1時間くらいかけて行ってきました。

場所的には阿蓮区は高雄の北部で、台南の下辺りにあります。

高雄の左営駅からは電車、バス、徒歩で2時間半くらいかかるみたいです。

どちらかというと台湾旅行に慣れている方や、台湾在住の人向けの場所かもしれません。

結構山の中にある

上に見える建物は以前来たことのある違うお店。

近くに駐車場らしい場所はここしかないので、皆さんここに車をとめるか路上にとめています。

台湾南部の高雄でも標高が高いせいか、山を切り開いた場所だからか、空気も澄んでいて少し肌寒いくらいでした。

雲起時はここから少し下に行った場所にあります。

雲起時入り口

⬆︎お店の看板

入り口から店までは結構な距離がありますが、店の途中の通路はどこか懐かしい感じがしました。

ぶらぶら眺めながら歩くのも楽しかったです!

お店入口

相方の好きな耳朵餅があったので一つ買ってみました。

少し甘くて素朴な味がしてなんか落ち着きます。
台湾に来るまで食べたことないのに、なんか懐かしい感じなんですよね。

夜の9時までは食事も注文できますが、この時は9時過ぎていたのでコーヒーとお茶を注文しました。

この黒いティーポットは持参したお茶を入れるのに貸し出していました。

こちらのお店では、お茶を入れるポットやお湯を温めるコンロなどを150元で貸していて、自分のお茶を飲めるようになっているんです!

マイカップではなく、マイ茶葉はないので出来ませんが、コーヒーだったら絶対やってみたいなと思いました。

こちらも一応客席っぽくてレジの外にあるんですけど、支払いを済ませたらどこでも自分たちの好きな場所で飲食できるみたいです。

わたしたちも最初は景色の良さそうな2階席に行ってみました。

普通に山積みされたかぼちゃもなんとなくオシャレに見えます。

はじめは景色の良さそうな2階席に行きましたが、ちょっと寒かったのですぐに室内の席に移りました。

2階からは落ち着いた感じの夜景も楽しめます。

室内に移ってきました。

相方の頼んだ菊花普洱茶(250元)とカフェラテ(200元)

菊花普洱茶っていうお茶を初めて飲みましたが、なんとなく甘みがあるんですけど、いつも行っている漢方で時々いただくお茶に少し似ている気がしました。

きっとこのお茶も健康にいいんでしょうね!

まとめ

このお店はちょっと観光では行きづらいかもしれませんが、空気も澄んでいて雰囲気的にいいなと思ったので、今回紹介してみました。

しばらく日本の旅行雑誌を見ていないのでわかりませんが、きっと台湾に関する情報はまだ台北がメインなんじゃないかなと思います。

なので今年も少しずつ高雄や台湾南部の情報を載せていきますね!

謝謝讀到最後!!
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク