【台湾・高雄カフェ】鳳山区にあるカフェ「黑浮咖啡RÊVE Café」




ニーハオ!!
台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は鳳山區にある、本格的な料理が楽しめるカフェをご紹介します。

黑浮咖啡RÊVE Café(文山店)

高雄に移住してから数えきれないほど訪れている、「黑浮咖啡RÊVE Café」。

本部は高雄市左営区にあるそうですが、最初に来ていた頃より規模も大きくなり、今では高雄市に5店舗、台中に2店舗、台南に2店舗、屏東に1店舗(フランチャイズ)と徐々にお店を増やしています。

黑浮咖啡RÊVE Caféですが、持ち帰りもできるのでかなりの頻度で利用させてもらっています。

▲2階席

いつもは1階に通されることが多いのですが、この日は2階に案内されました。

食事どきを外して来たつもりでしたが、結構混雑していました。



メニュー(注文方法)

飲み物も豊富にありますが、ドリンクはもちろん、ほとんどのお客さんは食事をしに来ています。

料理は基本的に、パスタやパエリアなどのイタリアンがメインです。

単品でトルティーヤや、サラダ、焼き物(肉系)、ワッフルやケーキなどのデザートもありました。

注文方法は普通のレストランを同じで、店員さんを呼んで注文をし、帰りに支払いをします。

▲嫩煎菲力牛肉起司燉飯佐阿根廷青醬(320元)

フィレステーキとチミチュリソース・チーズリゾット。

濃厚なチーズとアルゼンチン発祥のチミチュリソースに、ボリュームも歯切れもちょうどいいフィレステーキとの相性も抜群で、たまらなく美味しい逸品。

▲蕃茄香煎嫩雞圓直麵(290元)

ボリューム満点のチキンレッグに、トマトソースが麺に程よく絡まったパスタ。

鶏肉は、皮のパリパリ感と、中身のジューシーさのバランスが絶妙でした。

麺もコシがあって、こちらもおすすめの一品です。

▲墨西哥番椒牛肉薄餅(220元)

こちらがわたしの一番お気に入りのトルティーヤです!

プレーンでも美味しいのですが、この時はスパイシービーフを頼みました。

とても美味しかったのですが、これが結構辛くて、ふた切れ目あたりから何か飲み物が欲しくなって来ました。

トルティーヤ全部で3種類あるので、辛いのが苦手な方は他のものを試してもいいかもしれません。

わたしも次回からは、辛さ控えめでお願いしようと思います。

▲菲力牛肉佐阿根廷青醬油醋(230元)

このとき頼んだのは、フィレステーキがたっぷり入ったサラダです。

以前のように大きなボールに入ってくるのではなく、盛り付けもおしゃれになっていました。

野菜不足な食生活を送っているので、RÊVE Caféのサラダは新鮮で美味しいので、来ればほとんど頼みます。

セットで頼むと、少し割引されるドリンクも美味しいですよ。



ブランチもおすすめ

▲熔岩起司太陽蛋牛肉三明治(290元)

たっぷりの牛肉と、チーズを食パンの間に挟んだ熔岩起司太陽蛋牛肉三明治。

朝食の定番の目玉焼きと、サラダにスープ、ヨーグルトまで付いています。

ブランチメニューは現在5種類あり、さらにA、B、C、Dと、お得になるセットも足すことができます。

わたしはプラス60元でドリンクだけ頼み、ここに来たらどうしても食べたいトルティーヤ(墨西哥番椒牛肉薄餅)を頼んで、相方とシェアしました。

ワッフルもおすすめです

▲法式焦糖核果(180元)

こちらは、クルミを使ったキャラメルワッフルです。

生地の中に餅が入っていて、ボリュームも味も、食感も抜群でした。

まとめ

こちらのお店には台湾に移住してから何年も通っていますが、競争の激しい高雄の飲食店で、変わり続けながら美味しい料理やコーヒーを提供し続けてくれています。

パスタやリゾットも美味しいのですが、わたしはここのトルティーヤのファンなので、機会があったらぜひ訪れて召し上がってみてください!

RÊVE Café(高雄文山店)
住所高雄市鳳山區文衡路489號
電話07-767-8997
営業時間8:30~22:00
HPRÊVE Café
支払い方法現金、LINE Pay、クレジットカード、オリジナルのポイントカード
アクセス高雄駅から紅30Aバス(高雄駅−澄清路・棒球場)に乗り、「澄清路バス停」下車。そこから徒歩でおよそ2〜3分。

※訪問時の情報です。当ページで掲載した内容は、変更してしまっている可能性がありますのでご了承ください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい