【台湾・台南観光】台湾文学に触れることのできる「国立台湾文学館」




ニーハオ!
台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は台南にある国立台湾文学館を紹介したいと思います。

国立台湾文学館

▲国立台湾文学館

2003年10月にオープンした国立台湾文学館

国立台湾文学館は、もともと日本統治時期の台南州庁として使用されていました。

大半は戦争や老朽化のため修復されましたが、もともとは日本人建築家の森山松之助氏が手がけたそうですよ。

場所は台南駅から徒歩15分くらいの所にあって、湯德章記念公園ロータリーに出ればすぐに見つけられると思います。

ちなみに湯德章記念公園ロータリーは、上の地図の真ん中の右側にある円形の交差点です。

慣れていないので、車で来るとこのロータリーが危なっかしくてヒヤヒヤします(笑)

館内入り口でパンフレットや無料音声ガイドが借りられる

入ってすぐ右にある案内所で日本語のパンフレットが貰えます。

わたしは借りていないので内容はわかりませんが、無料の音声ガイド(日本語)もあるので、ぜひ借りてみてください。

台湾は観光地だけでなく、レストランなどにも日本語の説明があるので、我々日本人にはありがたいことですね。

館内をちょこっと紹介

こちらは1階にある展示スペース。

左側が「古い建築の新たな生命」右側が「台湾文学の内なる世界」です。

机に浮かび上がる子守唄

1階のちょっと奥に行った所にある展示ブースで面白いものがありました。

矢印のカップを触ると‥

机から文字が浮かび上がってきます。

相方に聞いたところ、これは台湾で有名な子守唄みたいですね。

巨大ホール

ホールには休憩所やショップ、図書館入り口などがありますが、基本的にすっきりしていて解放感がります。

思ったより広かったです。

2階

2階は1階に比べると狭目でしたが、期間限定の展示品を見ることができて楽しかったです。

この時は、一吼定江山・周定山捐贈展が開催されていました。

まとめ

台南孔子廟や林百貨、人気の台湾グルメ担仔麺の名店「度小月」へも歩いて行くことができるので、台南観光する際はぜひ訪れてみてください。

国立台湾文学館
住所台南市中西區中正路1號
電話06 221 7201
営業時間09:00-18:00,金土09:00-21:00(月曜休)
料金無料
所要時間1〜2時間(※大まかな目安)
アクセス台湾鉄道台南駅からタクシーで5分。バスを利用する場合、88番に乗り孔廟(台湾文学館)下車徒歩2分。
Googleマップ

※訪問時の情報です。当ページで掲載した内容が変更してしまっている可能性もありますので、ご了承ください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい