台湾・台南にあるデパート・林百貨に行ってきました!!

你好!!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は台南にある林百貨を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

林百貨店

台南にある林百貨は1932年、日本人の林方一という方が台南市末広町2丁目(現在の台南市中西区忠義路2段)に創立しました。

オープン当時は、台南で唯一のエレベーター付きのモダンな建築物として、地元に人たちにも「俗稱五層樓仔(閩南語:Gō-chàn-lâu-á/5階建てのビルの意味)」と呼ばれ親しまれたようです。

しかし1945年、太平洋戦争によりに閉店。

戦後は改修され、台湾製塩総工場や塩務警察総隊の事務所として使用していましたが、1980年代以降は空きビルになっていました。

ところが1998年に市定古跡に認定され、所有権は台南市に移され台南市と文化部により改修工事が行われて、2013年1月に改修工事は無事終わり、今の林百貨に生まれ変わりました。

改修の際、空襲によって爆撃された壁などの一部を記録として残しています。

改修には8000万台湾元(現在のレートだと3億円近い金額)かかったそうです。

改修後、公募により高青開発股份有限公司(台南のFOCUS時尚流行館を運営している会社)が委託経営権を取得して、2014年6月14日リニューアルオープンし、現在の林百貨に生まれ変わりました。

現在林百貨では、台湾土産やMIT(Made In Taiwan)グッズなどを販売しています。

林百貨は入場制限がある!?

この日は休日という事もあり、かなりの人が並んでいました。

我々は並んですぐに入れましたが、林百貨に入るには入場制限があるんです!

デジタルカウンターでちゃんと管理していました!

並ぶのはちょっと嫌かもしれませんが、ゆっくりデパート内を見たい人には、混みすぎて見れないということがないのはいいですね!

店内

1階は台湾土産や食品が販売されています。

奥にあるお店で蜂蜜レモンジュースを購入。

4階にカフェがあるのを知らずにこちらで買っちゃいました。美味しかったですけどね。

各階素敵な商品が揃っていました。

当時使用していたエレベーターのドア

これは台南初のエレベーターのドアです。

現在も林百貨のエレベーターは人気ですが、台南初のエレベーターができた当時は、今とは比べ物にならないくらい人気だったんでしょうね。

5・6階

1945年3月1日に受けた爆撃の跡。

屋上にある神社。

こちらも爆撃を受けたようですが、修復されて人気のスポットになっています。

これはエレベーターを待つ人たちの列。

林百貨のエレベーターは、一度に6人しか乗れないのでかなり並んでいました。

今回はエレベーターに乗るのは諦めましたが、次来た時は是非乗ってみたいと思います!

凄く高いわけじゃないですけど、ここからの眺めも素敵でした。

台灣土地銀行がいいですね。

まとめ

林百貨は前回ご紹介した、湯德章記念公園(民生緑園)の近くにある国立台湾文学館や、孔子廟、知事官邸などが近くにあるので、ぜひ足を運んでみてほしいです。

店内をゆっくり見たり、エレベーターに乗ったりしたいなら平日の方がいいかもしれません。

この日はあまりの行列でスルーしましたが、台南は台湾を代表する美味しい食事が食べられるので、こちらも是非チェックしてください!!

関連記事:[台湾グルメ]台南のローカルフードを食べるなら矮仔成蝦仁飯・エビ飯

台湾グルメはこれで決まり!安くて美味しい台南名物の牛肉湯がオススメ

[台湾・台南グルメ]台南中西区をブラつきながら意麺と豆花を食べてきた

林百貨
住所 台南市中西區忠義路二段63號
電話 06 221 3000
営業時間 11:00-22:00

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク