台湾のリゾートホテル・馥蘭朵烏來渡假酒店(烏来温泉)の個室温泉

ニーハオ!!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は烏来温泉のリゾートホテル馥蘭朵烏來渡假酒店(ヴォランドウーライ)で、温泉とアフタヌーンティーを楽しんできた時のレポートをしたいと思います。

スポンサーリンク

烏来温泉

烏来温泉は新北市烏来区にある温泉です。

台湾北部は全くと言っていいほど土地勘がなく、烏来温泉もうっすら名前と聞いたことがある程度でした。

今回なぜこちらにお邪魔したかというと、台北で午前中と夜に用事があり、昼過ぎから夕方にかけてぽっかり時間が空いてしまうので、何か探していたところ馥蘭朵烏來渡假酒店の短時間プランを見つけたのがきっかけでした。

そのプランというのが、烏来のリゾートホテル「馥蘭朵烏來渡假酒店(ヴォランドウーライ)」で温泉とアフタヌーンティーセットが楽しめるというものなんです。

馥蘭朵烏來渡假酒店へは新店駅から送迎バスが来てくれる

高雄から新幹線で1時間半、台北車站(台北駅)から緑線(G)「松山新店線」の終点新店駅。

ちなみに烏来温泉は台北からもバスで行けるので、ここまで来なくてもいけます。

わたしたちは途中の中正記念堂駅の近くに用事があったので、寄り道しましたが、まっすぐ来るなら20-30分で来れると思います。

新店駅を降りると左側にバスが何台もとまっているバス停がありました。

ですが、送迎バスは上の写真の矢印がある左側の通りに来てくれます。

送迎車が既に待機していました。

今回のプランは送迎バスは別途料金(一人50元)かかります。

こちらのバスは必ず事前予約が必要です。

運転手さんに名前を伝えて車に乗り込みました。

台北から見て、烏来は九份とは反対方向ですが、なんとなく似たようなクネクネした山道を上り、約30分くらいかけて馥蘭朵烏來渡假酒店に到着しました。

馥蘭朵烏來渡假酒店(ヴォランドウーライ)

烏来にある高級リゾートホテル「馥蘭朵烏來渡假酒店」

南勢渓に面した静かなリゾートホテル。

烏來老街へも歩いて10-15分ほどの場所にあります。

相方の友達が前に宿泊したらしいのですが、その時は一人一泊20000元以上したそうです。

※仮に20000元だとしても、現在のレートで70,000円(日本円)以上します。

泊まりの詳細はわからないので、気になる方はホームページをご覧ください。

きっと素敵なんでしょうね!!

馥蘭朵烏來渡假酒店HP

こちらのホテルは木村拓哉さんが出演した、台湾観光局のCM(ジョン・ウー監督)のロケ地にも使われています。

館内

館内に入った瞬間、心地いいアロマの香りが漂ってきました。

ロビーは落ち着いた雰囲気。そこまで広くないのが、逆に隠れ家的な雰囲気を演出しています。

部屋数が多くなさそうなのところも、サービスがちゃんと行き届きそうでいいすね!

とても静かだなと思ったら、こちらのホテルでは12歳以下のお子さんは宿泊不可だそうです。

ホテルの目の前はCMと同じ色をした南勢渓が見えます。

本当に綺麗で、これを見るだけでも来た甲斐があったなと思いました。

こちらのホテルは、泊まりの客室と日帰り温泉の場所は分かれているようです。

完全個室で温泉を楽しむ

ここをまっすぐ行くと、今度はスパや日帰り入浴を利用する人のフロントがあるので、そこにもう一度行きます。

手続きを済ませたら、お楽しみの個室のお風呂場へ向かいます。

ドアを開けるとこんな感じ。入浴時間は1時間です。

二人で過ごすには十分な広さです。

温泉はかけ流しではなく、自分で暑さを調整できるようになっています。

ちなみにここの温泉の泉質は、炭酸水素塩泉で美肌効果があるとか。

南勢渓の美しい景色を見ながら温泉が楽しめて最高でした!!

向かい側の登山道から見えないの?

館内の注意書きに書いてありますが、向かい側に登山道があるらしいです。

浴室側から見ると、開放的な感じなので心配になる方もいるかと思いますが、外側の窓にはしっかり遮光フィルムが貼ってあるので、窓を閉め切れば安心して入浴を楽しめますよ。

暖かい台湾では湯船に浸かることは自宅でもほとんどないので、久しぶりにお湯に浸かる感覚を思い出しました。

お風呂の後はアフタヌーンティー

馥蘭朵烏來渡假酒店(ヴォラントウーライ)には現在、Soyanと思鸝Siliqというレストランがあります。

思鸝Siliqは、台湾原住民タイヤル族の神鳥の名前だそうです。

今回わたしたちのプランでは、思鸝Siliqでアフタヌーンティーセットをいただくことになっていました。
いただくものは決まっているので、スタッフの方に今回のプラン内容を伝え、飲み物だけこちらで選びます。

窓際の景色のいいテーブルに案内してくれました。

アフタヌーンティーセット。

どれもしょっぱすぎず、甘すぎない繊細な味であっという間に完食しました。

まとめ

今回は台北に用事があって、その空き時間でサクッと利用させてもらいましたが、落ち着いていてとても雰囲気が良かったです。

相方が申し込んでくれていたので、下調べをあまりせずにきましたが、想像よりとても良いところでした。

次来るときは是非泊まりで来てみたいです。

馥蘭朵烏來渡假酒店
住所 新北市烏來區新烏路五段176號
電話 02 2661 6555

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク