タピオカミルクティーの有名店「春水堂」に行ってきました!!




どうも!!
台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回はタピオカミルクティーで有名な春水堂を紹介したいと思います。

新光三越(高雄左營店)

台湾新幹線が走る高鉄左営駅の隣にある新光三越

前回のブログでも紹介した、新幹線の割引チケットを受け取りに行った帰りに寄りました。



春水堂

春水堂は創業1983年の、タピオカミルクティー発祥のお店です。

日本に支店を複数持つだけではなく、日本語専用のホームページも開設していて、ホームページでも大きくタピオカミルクティー発祥の店と記載しています。

春水堂では「お茶マイスター認定制度」を導入してるそうです。

お茶マイスター認定制度
春水堂は、高品質のお茶を提供するために「お茶マイスター認定制度」を導入。テストに合格した有資格者である社員のみがお客様へ提供するドリンクを作ることが許されています。「お茶マイスター」は、厳しいトレーニングを受け茶葉に対する専門知識を習得した社員にしか与えられない厳格な社内資格制度で春水堂の味を守っています。

出典:春水堂HP

台湾だけでも45店舗もあるそうですが、今回は高雄差営駅の隣、新光三越の3階にある高雄差営店に来ました。

高雄の陸の玄関口「高雄差営駅」のすぐ側にあるお店なので、観光客が多く利用しています。

昼時でしたが、平日だからか意外と空いていて、待たずに席へ案内されました。

注文の仕方

このお店は席に座っても店員さんは注文を取りに来ないので、テーブルにある注文シートにチェックをつけて自分でレジに行って注文します。

日本語も書いてあるので、中国語や英語が苦手な方も安心ですね。

春水堂はご飯も食べられます!

春水堂はタピオカミルクティーやデザートが美味しいイメージですが、食事も美味しいなと思いました。

色々食べてきたのでご紹介しますね!

御品牛肉麵

▲御品牛肉麵(ユーピンニィゥロウミェン)180元

見た目も味もスタンダードな紅焼牛肉麺という感じです。

麺はもちもちでスープもコクがあって、ヘタなお店で食べるより美味しいかもしれません。

私房肉排蓋飯飯

▲私房肉排蓋飯(スーファンロウパイガイファン)139元

こちらは白米の上に大きな塊肉がドンと乗っかった丼物ですね。

このカツのような肉がすごく煮込まれていて、めちゃくちゃ柔らかかったです!

春水堂はミルクティーのお店ってイメージが強かったので、正直食事は期待していなかったのですが、いい意味で期待を裏切ってくれました。

功夫麺

▲功夫麺(ゴンフーミィェン)80元

店員さんおすすめの一品。麺は先ほどの牛肉麺より平麺です。

スープはありませんが、この平麺が下の方にあるタレとよく絡まって最高でした。

これは量的にそこまで多くないので、メインの料理を頼んでいてもなんとか食べられました。

金菇豆皮

▲金菇豆皮(ジングウドウピー)70元

これは相方の好物のえのきがたっぷり入った料理です。

蘿蔔糕

▲蘿蔔糕(ルゥォブォガオ)75元

これは台湾に来てから好きになりました。

外側がサクサクで、油っこくないのがとても良かったです。

結構色々頼んでいたので、満腹気味でしたが蘿蔔糕は意外と軽いので完食しました。

珍珠奶茶・鳳梨鮮桔愛玉

▲珍珠奶茶(ヂェンヂュナイチャ)小70元と鳳梨鮮桔愛玉(フォンリーシィェンジュアイユー)小85元

ちなみに中サイズは、日本の中ジョッキくらいの大きさでくるので、飲む自信のある人だけ頼んだ方がいいです。

ご存知の方も多いと思いますが、珍珠奶茶はタピオカミルクティーのことを言います。

わたしが注文したのはもちろん珍珠奶茶。

冷たすぎるのは真夏でもあまり飲まないので、この日も氷なしでお願いしました。

氷なしでもたっぷり注いでくれていました。

まずミルクティーですが、他のお店よりミルクが濃い感じがします。

ミルクが濃く感じることもあるのかもしれませんが、全体的に味に深みがありました。

タピオカはモチモチで、気持ち味がある感じです。

もう一つの鳳梨鮮桔愛玉もパイナップルベースの爽やかな味で、暑い日に飲んだらさらに美味しいだろうなと思いました。

まとめ

春水堂の食事は軽食だけかもと思っていましたが、ボリュームもあって美味しいものが多かったのには驚きました。

高鉄左営駅に来た際は、寄ってみてはいかがでしょうか。

春水堂(高雄左營店)
住所高雄市左營區高鐵路123號(新光三越3階)
電話07 350 3948
営業時間11:00–22:00
アクセス高雄MRT「新左営駅」から徒歩でおよそ3分。 Googleマップ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい