《台湾・高雄観光》2018年オープンの観光スポット「崗山之眼」




ニーハオ!
台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は高雄(岡山)にある、崗山之眼に行ってきた時の様子をご紹介します。

崗山之眼

2018年2月14日に正式オープンした、崗山之眼。

1.8ヘクタールある敷地内には、飲食店が集まる入口広場にバンカーレクリエーション広場、ミュージックガーデンや天空廊道(スカイウォーク)などがあります。

メインの天空廊道(スカイウォーク)は、全長88メートル、道幅は2メートル、高さは約40メートルあり、メインの塔はバイオリンの渦巻き(スクロール)、支える24本のワイヤーは弦をイメージしているそうですよ。

崗山之眼の行き方

高雄MRT「南岡山駅」から紅68バスに乗って、「大莊公園」で降り、「崗山之眼」行きのバスに乗りましょう。

わたしたちは車で来たので、大莊公園のバス停からバスに乗って行きましたが、どうやら南岡山駅から崗山之眼までのバスの直行便はないようなので、バスでも大莊公園で降り、大莊公園↔︎崗山之眼のバスに乗り換えなくてはならないようです。

まだ出来て間もないので、将来的には直行便が出来るかもしれません。

大莊公園から崗山之眼へは、許可されたバスかタクシーでしか行くことができないので、レンタカーやスクーターなどで高雄観光をする方は気をつけてくださいね

わたしたちが大莊公園に到着した頃、運良く出発直前のバスがあったのですぐに乗り込みました。

崗山之眼に到着

▲売店の集まる入口広場

台湾(高雄)で朝の10時前といえば、休日でも早い方なので、人はまだそんなに多くはいませんでした。

わたし達はドリンクしか買わなかったのですが、ソフトクリームに夜市などでよく見る揚げイカ、焢肉飯やカレーライスなどのお店が並んでいるので、こちらで食事をすることもできます。

天空廊道(スカイウォーク)を目指す

せっかくここまで来たので、天空廊道(スカイウォーク)を目指すことにしました。

スカイウォークまでは少し歩くので、散歩するのにちょうど良い距離です。

途中ミュージックガーデンエリアや、基地のような形をした建物の土産屋「文創商品区」もありましたが、ほとんどスルーして受付まで行きました。

チケット売り場

▲スカイウォーク受付

ここまでは、自由に散歩や食事に買い物を楽しむことができます。

チケット売り場は若干混雑していましたが、すぐにチケットを購入出来ました。

QRコード付きのレシートが入場券になるので、少し歩いた場所にある受付の方に渡し、いよいよスカイウォークへと向かいます。

天空廊道(スカイウォーク)

スカイウォークは人数制限があり、毎回150名入場することができます。

しかしこの日は人が少なかったので、デジタルカウンターは作動していませんでした。

▲弧を描くよう作られた遊歩道は88メートルあります

崗山之眼はもともと高地にあるのですが、そこからさらに40メートルの高さのスカイウォークは見晴らし抜群です!

生き生きとした緑を見るだけで、なんだか心が洗われるようでした。

見物客も少ないので、ゆっくり景色を楽しむことができました。

▲一部ガラス張りになっているポイント

遊び心満載の台湾の人たちは、大人も子供?もガラス張りの床で撮影したり楽しんでいます。

左上には阿公店貯水池が見えます。

この日ははっきりと見ることはできなかったのですが、天気のいい日は高雄駅(高鉄)や高雄85ビルなども見えるそうですよ。

義大世界の観覧車は肉眼で見ることができました。

まとめ

今年(2018年)の2月にオープンした崗山之眼。

山が多い高雄では見晴らしの良い高台が多いのですが、ここは特におすすめしたいスポットです。

こちらに訪れる際混雑を避けるなら、平日や午前中のなるべく早い時間に訪れた方がいいかもしれませんね。

毎晩かはわかりませんが、夜になるとライトアップされてすごくキレイみたいです。
崗山之眼
住所高雄市岡山区
電話07 628 2100
営業時間09:00〜18:00(月曜休み)
※バスの時刻表は平日は8:40から16:10(土日は8:40から18:20)
料金天空廊道(スカイウォーク):60元(一般)、30元(6歳以上12歳未満)

シャトルバス(大莊公園↔︎崗山之眼):25元(大人)、13元(子供)

※現金の場合お釣りは返ってこないので、一卡通(iPass)や悠遊卡(Easy Card)が便利です。

公式ページ崗山之眼HP
アクセス高雄MRT「南岡山駅」一番出口から紅68バスに乗り「大莊公園」下車、大莊公園でシャトルバスに乗り換え「崗山之眼」下車。
乗合タクシーで行くこともできます。⇒Googleマップ

※訪問時の情報です。当ページで掲載した内容が変更してしまっている可能性もありますので、ご了承ください

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい