【台湾・高雄旅行】原鄉緣紙傘文化村(美濃)に行ってきました




你好!
台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は、原鄉緣紙傘文化村に行ってきたときの様子をご紹介していきます!

 原鄉緣紙傘文化村

美濃客家民俗村の店員さんに教えられてきた原鄉緣紙傘文化村。

美濃客家民俗村から車で7分ほどの場所にあります。

こちらはそれほど大きくはないですが、土産物では有名みたいですよ。

入口から中央付近に行くと、お店の撮影は禁止と注意書きがありました。

注意書きを見ずに店内で撮影すると、おそらく注意されるのでこちらにお越しの際は気をつけてくださいね。

突き当りのお店が一番大きくいろいろな物が売っていて、足つぼマット、肩などの

ツボ押しグッズ、中華風の置物など年配の方が買いそうな土産がたくさん置いてあります。

せっかく来たのでわたしも母の日になにか買っていこうと思い、油紙傘や藍染などを購入しました。


鶴は千年亀は万年といいますが、台湾でも鶴は縁起の良い生き物なので、「母の日の贈り物にピッタリですよ!」とすすめられて扇子も購入。

扇子を開くと鶴が羽ばたいているように見え、白檀(ビャクダン)の香りが漂ってきてとても落ち着きます。

藍染布は購入後に色落ち防止のため、自分でお湯に浸けたりしなければいけないので、誰かに贈る時は使えるようになってからプレゼントするか、色落ちのことを伝えてから渡した方がよさそうです。

今回は母の日に日本に直接持っていくので、かさばりそうな大きな油紙傘は買いませんでした。

そのかわりミニチュア版があったので買ってみました。

あとは免税店あたりでよさそうなものがあれば買いたいと思います。

まとめ

美濃客家民俗村と原鄉緣紙傘文化村は、見るだけならそれほど時間はかからないので、時間に余裕があれば自然豊かな美濃湖を散歩するのもおすすめです。

高雄観光の際はこちらも先日ご紹介した、バナナの里の旗山とセットで観光計画を立ててもいいかもしれませんね。

原鄉緣紙傘文化村 
住所高雄市美濃區中興路一段147號
電話07 681 0888
時間09:00〜17:30(土日:08:30〜18:00)
アクセス高鉄「左営駅」から旗美国道快線E01バスに乗り、「美濃駅バス停」下車。美濃駅からタクシーで約8分。

※訪問時の情報です。当ページで掲載した内容が変更してしまっている可能性もありますので、ご了承ください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい