【台湾・高雄旅行】美濃客家民俗村から原鄉緣紙傘文化村へ




你好!
台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

先日に引き続き美濃客家民俗村と、原鄉緣紙傘文化村に行ってきたときの様子をご紹介していきます!!

客家の代表的な工芸品 油紙傘(唐傘)

客家の代表的な工芸品として有名な油紙傘(唐傘)や藍染、その他色々な物が奥のお土産屋さんで販売しています。

台湾観光でお土産に困った時におすすめです。

DSC01485
美濃客家民俗村の突き当りにあるお土産屋さん。

DSC01488

 油紙傘(唐傘)

日本でも唐傘として一部の愛好家に親しまれていますが、台湾の油紙傘も中国から来た客家人によって受け継がれ発展していきました。

DSC0148
油紙傘(唐傘)を作ってますね。

DSC01491
こんな感じで作られていくんですね。

DSC01492
DSC01494
光を当てるとさらに綺麗になります。
今では洋傘が主流となってしまいました、後世まで引き継いでいって欲しいです。

もう一つお土産屋さんがあると聞いて移動することにしました。

DSC01498
稲とバナナ畑。
美濃でも農業は盛んです。

 原鄉緣紙傘文化村

DSC01501

▲原鄉緣紙傘文化村入口

次に訪れたのは、美濃客家民俗村の店員さんに教えられてきた原鄉緣紙傘文化村。

美濃客家民俗村から車で7分ほどの場所にあります。

ここもそれほど大きくはないですが、土産物では有名みたいですよ。

DSC01504

店内は撮影禁止なので、こちらにお越しの際は気をつけてくださいね。

突き当りのお店が一番大きくいろいろな物が売っていて、足つぼマット、ツボ押しグッズ、中華風の置物など年配の方が買いそうな土産がたくさん置いてあります。

せっかく来たのでわたしも母の日になにか買っていこうと思い、左側のお店で油紙傘や藍染などを購入しました。

DSC01506
鶴は千年亀は万年といいますが、台湾でも鶴は縁起の良い生き物なので、母の日の贈り物にピッタリですよ!と勧められて扇子を購入。

白檀(ビャクダン)の香りがとても落ち着きます。

DSC01505
藍染布

これは購入後に色落ち防止のため、自分でお湯に浸けたりしなければいけないので誰かに贈る時は使えるようになってからプレゼントした方がよさそうです。

miyage

▲藍染布と、ミニチュア唐傘に白檀(ビャクダン)の香りの扇子

今回は母の日に日本に直接持っていくので、かさばりそうな大きな油紙傘は買いませんでした。

そのかわりミニチュア版があったので買ってみました。
あとは免税店あたりでよさそうなものがあれば買いたいと思います。

美濃客家民俗村と原鄉緣紙傘文化村を見るだけならさほど時間はかからないので高雄観光の際はこちらも先日ご紹介した、バナナの里の旗山とセットで観光計画を立ててもいいかもしれませんね。

原鄉緣紙傘文化村 
住所高雄市美濃區中興路一段147號
電話07 681 0888
時間09:00〜17:30(土日:08:30〜18:00)
アクセス高雄客運「美濃駅」からタクシーで約8分。

※訪問時の情報です。当ページで掲載した内容が変更してしまっている可能性もありますので、ご了承ください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい