【台湾観光】台湾四大仏教の一つ高雄の佛光山に行ってきた

dsc00604y

你好!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今日は佛光山に行ってきました。

カナダ人の知り合いに「あそこは凄いよ!」と言われて気にはなっていたのですが、やっと行けました。

時間の都合でかなり短い滞在になってしまいましたが、本当に広くて1-2時間では全て見るのは無理なほどの規模です。

今回はそんな佛光山をちょこっと紹介します。

スポンサーリンク

佛光山仏陀紀念館に入る前に

あまりに空腹だったので先にご飯を食べることにしました。

dsc00583y
中は恐らく肉料理を出してくれるお店はないんじゃないということで、外の飲食店へ行きました。

ちなみに記念館の中にも飲食店はありましたが、予想通り肉料理はなかったです。

たまには肉や油抜きでもいいんじゃないかなーと思いつつ、コッテコテのを頼んじゃいました(笑)

dsc00587y

↑↑爌肉飯(kuàng ròu fàn)100元

dsc00588y

これでもかと言うくらいこってりしてましたけど美味しかったです。

dsc00592y
↑牛肉麺(niúròu miàn)100元
ごちそう様でした

それでは早速佛光山へ向かいます!

佛光山とは

dsc00605y

佛光山とは高雄にある台湾四大仏教の一つ。
台湾の四大仏教とは、新北市の法鼓山、南投の中台禅寺、花蓮の慈濟、高雄の佛光山。

高雄の市街地からはかなり離れていて、自然豊かな場所にあります。
1967年に星雲大師よって開かれた仏教寺院。

以外と最近なんですね。

星雲大師は中国生まれで12歳の時に出家をし、1949年に台湾に渡り現在に至る。
慈善事業や学校設立、出版社や沸光テレビ局なども設立し、世界各地に分院、道場があり精力的に仏教の教えを広められているようです。

台湾の仏教徒

台湾では仏教徒が多く中にはストイックな方もたくさんいます。

台湾で知り合った人に敬虔な仏教徒がいるのですが、極端すぎるほどのベジタリアン(菜食主義)で一緒にレストランに行くとビックリするほど食べられないものがありますね。

店員さんも慣れている様子でちゃんとオーダー通り料理を運んできていました。
どうやら台湾は宗教上の理由からベジタリアンが多く存在するようです。

そういえば野菜専門の鍋のお店や、肉なしの食べ放題のお店もありました。

禮敬大廳

dsc00608y
正面の人通りの多い建物に入ってみます

dsc00609y
建物の中はかなり綺麗で飲食店や売店が目立ちます

dsc00612y
ショッピングモールのようですね

dsc00611y
インフォメーションでもらえます

dsc00633y
案内図でも見ながらゆっくりまわるところを考えたかったのですが、連れの時間がないということで先に進みます。

改めて来た時に、危うく熱中症になりかけてしまった時にスタバに来た時は、オアシスに感じました(笑)

成佛大道

正面の仏様を目指します

dsc00616-e1460128627248y

毎年春節(旧正月)になると、ここで盛大に花火が打ち上げられるんですよ!

dsc00619y
晴れている時は、直射日光を避けて回廊を歩いて方がいいですよ〜

dsc00617y

このような壁画がたくさんありました。

dsc05054y

写真では伝わりづらいと思いますが、かなりの絶景です。

と記念撮影をしていたらタイムアップ・・
相棒の時間がギリギリということでそのまま引き返すことに。

でも忙しい中連れてきてくれた相棒に感謝です。

実は今日はかなり暑く、お茶を買ってなかったら熱中症になるんじゃないかなってくらいの天気でした。
帰ってきてからも日焼けで少しヒリヒリしています。

日よけグッズと熱中症対策は必須ですね!

次回はもう少し効率の良いまわりかたをチェックしてからきたいと思います。

台湾の春節に来た時の記事です!

関連記事:台湾の旧正月(春節)に行く!佛光山のライトアップと花火は必見!!

別の日に佛光山紀念館までバスで来てみました。観光に来た際は押さえておくといいかもしれません。

【保存版】台湾旅行で絶対利用したい!高雄の循環バスの乗り方

佛光山紀念館
住所 高雄市大樹區統嶺里統嶺路1號
電話 07 656 3033#4002
営業時間 平日:9:00~19:00、休日:9:00~20:00

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク