高雄にあるうなぎのお店「三鰻」に行ってきました




ニーハオ!!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。

我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は高雄にあるうなぎ屋「三鰻」をご紹介したいと思います。

三鰻

高雄の鳳山区にあるうなぎ屋「三鰻」は、鳳山区の文衡路という飲食店の多い通りにあります。

こちらのお店は確か、去年(2016年)オープンしたばかりだったと思います。

ここら辺は競争の激しい場所で、いつの間にかお店が変わってるなんてこともしょっちゅうなんですけど、三鰻はいつも人気なので気になっていました。

店内

外観から日本ぽい感じはしていましたが、店内もかなり日本ぽい感じがしました。

右下にある金魚のようなものは、(老闆)オーナーさんがペイントしたそうです。

その他にも壁に飾られている絵なんかもご自分で書かれたそうですよ。

2階もあるにはありましたが、1階が満席なのにお客さんを案内していなかったので、どうやら2階に客席はなさそうです。

後日お邪魔した時に案内してもらって知ったのですが、2階にも席はたくさんありました。


▲調理場にある暖簾(のれん)も日本料理店の雰囲気を演出しています。

わたしたちが入った時は空いていたんですけど、後からどんどんお客さんが来て、食べ終わる頃には満席になっていました。

知らない人と相席することがないので、落ち着いて食事を楽しむことができるのも良いかなと思います。

2階

この写真は、別の日に外帶(持ち帰り)で来た時の、待ち時間で撮らせてもらいました。

2階も広々としていて居心地良さそうです。

⬆︎こちらが台湾人オーナーが書いた絵。とても上手です。

オーダー

注文方法は良くあるオーダーシートに、チェックまたは複数なら個数を記入してレジのスタッフさんに渡します。

支払いのタイミングはお店によって違うんですけど、三鰻さんは帰りにお会計するタイプでした。

相方が”足りなければ追加すればいいよね〜”と言いつつ、そこそこ注文していましたが、後にもう少し追加することになります(笑)

うな重のサイズは中と大がありましたが、他の物も食べたかったので中にしておきました。

三鰻の料理


▲う巻き(100元)

まず最初に来たのはう巻きです。

てっきり温かいかと思って口に入れたら、ひんやりしていて意外でしたが、これがまた美味しいんです。

日本でわたしが今まで食べてきたのは、温かかったのでひんやりしたう巻きは初めてでしたが、”相方は冷たくて美味しい!”と絶賛していました。

肝焼き


▲肝焼き(80元)

弾力のある食感と、全く苦味のない肝焼き。値段もお手頃で焼き鳥感覚で食べられます。

黒輪(オーレン)


▲黒輪片(50元)

日本語のおでんから来たとされる「黒輪/オーレン」は、魚のすり身などで作ります。

高雄の人は台湾語のオーレンと呼ぶ人がほとんどで、セブンイレブンなどで販売しているおでん種として絶大な人気を誇っています。

ちなみにおでんのことは台湾では関東煮と言って、オーレンは黒輪だけのことを指すみたいです。

わたしは普段おでんも黒輪もあまり食べないので、相方が頼んだ黒輪を何の気なしに口に入れたんですけど、魚の旨味とソースの相性が絶妙で、ここのはかなり美味しくてびっくりしました。

熱々のうちにいただくのが最高です。

刺身


▲刺身盛り(150元)

 

今までブログで何度も言っていますが、台湾のサーモン(鮭)は脂が乗ってて、臭みがなくて本当に美味しいんですよね。

個人的には台湾でいただく刺身は、マグロより鮭の方が好きです。

牛串


▲牛串(100元)

普通のというと聞こえは悪いかもしれませんが、良く食べる牛肉の串焼きです。

少し粉末の唐辛子をかけて食べると美味しいです。

うな重


▲うな重(中)1人前250元

相方と2人で2人前注文しました。三鰻で提供しているうなぎは、日本で出されているものと変わりないみたいなことが店内の張り紙に書かれていました。

このお店の全体的な価格に言えることなのですが、高雄の他の飲食店(牛肉麺店などを除く)と比べても安いです。

さすがに日本の天然うなぎと比べたらどうかはわかりませんが、台湾の他のお店で食べるうなぎとは違いました。

わたしが台湾でうなぎを食べない理由の一つに、うなぎが食べられるお店が圧倒的に少ないのと、あってもうなぎの味や食感が全然違うということがあったのですが、ちゃんとしたお店に行っていなかっただけなのかもしれませんね。

うなぎが食べられるお店は数少ないので貴重です。

イカリング


▲イカリング揚げ(120元)

完全に酒のつまみのような気もしますが、相方が追加で頼んでいたのでわたしもいただきました。

これも久しぶりに食べましたけど、ついつい箸がのびて止まらなくなっちゃうんですよね(笑)

まとめ

台北などにはうなぎのお店があるみたいですけど、高雄では貴重なうなぎ専門店の三鰻。

味も値段もお店の雰囲気も良かったので、うなぎを食べたくなったらまたお邪魔すると思います。

後日オーナー夫妻とお会いしたのですが、笑顔が素敵でとてもフレンドリーに接していただきました。

味も美味しくスタッフの方達もよくしてくれるので、かなりおすすめのお店です。

三鰻
住所 高雄市鳳山區文衡路487號
電話 07 777 5055
営業時間 11:30–14:00, 17:00–21:00

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る







あわせて読みたい