[台湾旅行]台南観光をするならここ!絶対に行っておきたい赤崁楼

大家好!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今日は先日行ってきた台南の赤崁楼という観光スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

赤崁楼とは

1653年台湾南部を占領したオランダ人によって建てられ、当初は「普羅民遮城(Provintia・プロヴィンティア城)」と呼ばれていたこの城は、安平の「熱蘭遮城(Zeelandia・ゼーランディア城)」と相対してたたずんでいました。

熱蘭遮城はオランダ総督の中枢、そして普羅民遮城行政と商業の中心でした。

300年以上の歴史を有する赤崁楼は現在、反り上がった赤瓦の軒、そびえ立つ楼閣の姿を見せています。時代の返還にともない、ある時はオランダ時代の洋風の城、ある時は清朝の中国風楼閣、またある時は日本統治時代の陸軍病院とされ、今は歴史文化館として静かにこの世の移り変わりの激しさを物語っています。

1983年、内政部より第一級古跡として指定されました。

台南市政府文化局パンフレットから引用

さらに赤崁楼の歴史を大まかに見てみると

・1625年オランダ人が布十五束で原住民から赤崁楼地区の土地を買い取り、そこに商館、市街、倉庫、病院を設置して、「普羅民遮城(Provintia)」街と名付けた。

・1862年台湾中南部の大地震により、すでに損害していた赤崁楼のオランダ建築は全て倒壊した。

・1886年台湾の沈受謙知事が文化教育振興のため赤崁楼西側に蓬壺書院を建設。残っていた砦の土台に文昌閣と五字詞を建立。同時に海神廟も修復した。

・1944年日本人のよるオランダ城俣遺跡の修築、大士殿の解体と海神廟、文昌閣、蓬壺書院ホールの修繕が行われた。

・1965年赤崁楼を修築し、海神廟と文昌閣の主な木造を鉄筋コンクリートに改造した。柱や梁には木造を模造したものが使用され、文昌閣の赤崁楼街側の出入口は民族路に移された。

台南市政府文化局パンフレットから引用

赤崁楼は歴史は古いものの、何度も修復を繰り返していて、オランダ人が当初作った建物はすでに無くなっているんですね。

ちなみに日本語のパンフレットは入口あたりでもらえます。

dsc05384

チケットは正面右側の販売所で購入できる。

鄭成功和議像

dsc05386

正面入口から右側の通路を歩いていくとすぐに鄭成功和議像があります。オランダ人が投降している様子。

そういえば以前、同じ台南にある安平古堡に行った時にも鄭成功の像がありました。

【台湾旅行】台南観光のおすすめスポット「安平古堡」
大家好! 台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。 我是住在台灣高雄的日本人一誠。 今回も昨日に続き、台南の観...

海神廟

2481

正面入口から入って突き当たりに見える建物が海神廟。1875年に海神の庇護に感謝するために建立された。

御贔屓牌

dsc05430

海神廟の外壁下にある御贔屓牌。全部で9基ある贔屓牌は亀に背負われている。

入口からすぐの庭園のまわりはこういった感じです。

海神廟や文昌閣方面に向かう

dsc05389

入ってすぐの庭園をざっと見学したら、次は海神廟や文昌閣といった建物を目指します。

文昌閣

%e8%b5%a4%e5%b4%81%e6%a8%93_7150

1886年台湾知事沈受謙によって教育振興のために建立された。

dsc05394

日本統治時代の台南最後の市長、羽鳥又男氏の胸像がありました。

羽鳥 又男(はとり またお、1892年4月20日 - 1975年9月30日)は、群馬県勢多郡富士見村(現群馬県前橋市)出身。台湾総督府中央研究所職員を経て、台南市の市長を務めた。台南市長在任中、第二次世界大戦中という時勢の中、赤崁樓の修復作業を進めたことで知られる。

ウィキペディアより引用

続いて2階に上がってみます。

dsc05396

魁星爺像。魁星爺は試験の神様らしく、右手に筆、左手には墨床を握り、右足で大亀の頭を踏みつけ、左足で星を蹴る姿をしています。

dsc05402

同じ部屋に合格祈願の受験票のコピーが、絵馬らしきものと一緒に奉納されていました。

基本的に台湾の人たちは、あまり個人情報とかを気にしない人が多いような気がします。

本気で願掛けしているんでしょうね。

dsc05403

この日は天気も良くて2階からの見晴らしも最高でした。

普羅民遮城(プロヴィンシア城)遺跡

dsc05433

文昌閣のすぐそばにある普羅民遮城(プロヴィンシア城)遺跡。

1944年に日本人が発掘したオランダ時代の遺跡で、かなり年代を感じました。

海神廟(建物内)

dsc05406

前述しましたが、こちらは1875年に海神の庇護に感謝するために建立されました。

7958

1階には鄭成功の肖像画と胸像が真ん中にドカンと飾られています。

dsc05411

2階には昔の船の模型や資料などがありました。

普羅民遮城(プロヴィンシア城)正門と足の折れた石馬(小碑林)

dsc05420

こちらも普羅民遮城(プロヴィンシア城)遺跡と同じで、1944年日本人が発見しました。

dsc05422

足の折れた石馬は清朝の武将だった鄭其仁の墓前にあった石の彫刻。

海神廟と文昌閣の基台の城壁には20個の石碑があり、南門碑林に次ぐ規模なので小碑林と呼ばれているそう。

蓬壺書院

dsc05416

正面から入って一番奥の左側にある蓬壺書院。

こちらも文昌閣と同じく、1886年台湾知事沈受謙によって教育振興のために住民の土地を購入して、呂祖廟にあった引心書院を赤崁の北端に移転して改修し蓬壺書院と改名しました。

dsc05417

dsc05418

中は案外質素な感じでした。

瓶形の門

dsc05435

とてもユニークな形のこちらの瓶形の門には、平穏無事という意味があるそうです。

まとめ

いかがでしたか?

赤崁楼は台南では定番の観光スポットですが、台南はこういった歴史的な建築物がたくさんあったり、美味しい食べ物があったりと本当に魅力的なところです。

同じ南台南で高雄からも近いので、これからもちょくちょくきたいと思います。

赤崁楼
住所 台南市中區民族路二段212號
電話 06-220-5647
営業時間 08:30~21:30
入場料 大人50元 子供25元

他にも台南に関する観光スポットや、飲食店をご紹介しています。

【台湾旅行】台南観光をするなら安平古堡がオススメ!

【台湾・台南観光】展示品を見てガジュマルの生命力に圧倒される安平樹屋

【台湾観光スポット】台南の奇美博物館( Chimei Museum)

台湾グルメはこれで決まり!安くて美味しい台南名物の牛肉湯がオススメ

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク