高雄でVR体験ができる「i-Ride體驗中心」




ニーハオ!!
台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今日は高雄でVR体験をしてきたときの様子をご紹介したいと思います。

i-Ride體驗中心

現在高雄でVR体験ができるできるi-Ride體驗中心。

i-Ride體驗中心は高雄に本社がある、BROGENTと言う会社が開発したi-RideでVR(バーチャルリアリティ/仮想現実)を体験できる施設です。

わたしたちが訪れた時は12月だったのですが、平日は事前に予約が必要で、こちらの都合のいい時間は全て埋まってしまっていた為、予約日から2週間ほど待ちました。



i-Ride體驗中心の行き方

i-Ride體驗中心には、以前自動運転バスに試乗した時と同じ駅、高雄ライトレール軟體園區站(軟体園区駅)から徒歩2-3分、高雄MRT獅甲站(獅甲駅)から徒歩約15分ほどで行くことができます。

敷地に入ると參觀動線(Entrance)と書かれた案内表示があり、奥に進み突き当たりを右に曲がると入り口があります。

▲エントランス

入ってすぐに受付があるので、係りの方に予約したことを伝え確認をしてもらい、時間まで施設内をうろうろしていました。

VR(i-Ride)を予約するには

まずはi-Ride體驗中心のトップページを開き、矢印の立即預約をクリック(タップ)しましょう。

 

クリックすると上のページに飛ぶので、青色の矢印のある場次資訊をクリックします。

場次資訊をクリックすると、予約可能な日時と人数が表示されるので、右側にあるメールアドレスか、電話番号にかけて予約をします。



いよいよVR体験!

時間になったので係りの方に付いていくと、まずは会社の歴史や技術提供している国や会社の説明などしてくれました。

現在こちらの会社で開発された「フライトシミュレーションライド」は、台湾はもちろん、アメリカ、カナダ、ドイツ、スペイン、オランダ、中国、日本で導入されているみたいですよ。

係りの人の説明では、品質チェックに厳しい日本やドイツに輸出できたのは嬉しかったとおっしゃっていました。

日本では富士急ハイランドで2014年から導入されている「富士飛行社」と、2017年4月20日〜2018年5月6まで期間限定で「進撃の巨人THE RIDE~トロスト区奪還作戦~」で、BROGENTが開発したフライトシミュレーションライド楽しむことができます。

▲富士急ハイランド「富士飛行社

音楽はとなりのトトロや、風の谷のナウシカなどでおなじみの日本の音楽の巨匠・久石譲さんが担当しています。

▲台湾で2016年に上映された「進撃の巨人THE RIDE~トロスト区奪還作戦~」が富士急ハイランドで楽しめる!

※2017/4/20〜2018/5/6まで1日限定400名

映像でi-Rideについての説明や、注意事項などを聞きいざアトラクションに搭乗します!

この時はわたしたち以外は誰もいなかったので、係りの方が一番迫力を感じられる端の席に案内してくれました。

このアトラクションは、VRゴーグルは使わずにそのまま席に座るだけで楽しめます。

ストラップがあるカメラは手持ちOKでしたが、万が一に備えスマホなど落としやすいものは座席の下のネットに荷物と一緒に入れてくださいと言われました。

▲i-Ride

一応撮影はしましたが、こちらの会社で用意している動画の方が伝わりやすいかなと思うので、載せておきますね!

まとめ

世界中で導入されているBROGENTの技術を、本社のある高雄でぜひお楽しみください!
i-Ride體驗中心
住所 高雄市前鎮區復興四路9號
電話 07 537 2858
営業時間 10:00–12:00,13:30–17:30,土日9:30–17:00(火曜休)
料金 380元,190元(4-6歳、65歳以上)
HP i-Ride體驗中心
アクセス 高雄MRT「獅甲站R7 」から徒歩15-20分。
高雄ライトレール「軟體園區駅」から徒歩2-3分

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい