[マカオ旅行]マカオ観光・世界遺産の聖ポール天主堂跡はやっぱり人気

大家好!

台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今日も昨日に続き、マカオの観光スポット2日目前半の様子をご紹介したいと思います。

⬇︎昨日のブログはこちら
[マカオ観光]初めてのマカオ旅行!シェラトン・マカオは便利で快適

スポンサーリンク

シェラトンホテルから聖ポール天主堂跡の行き方

dsc05203

前日チェックインの時に、ホテルの従業員の方に「タクシーはぼったくられるので使わないほうがいいですよ」と教えていただいていたので、バスで行くことに。

スタジオシティー(Studio City)の1階のフードコートをさらに奥に進むと、このような時刻表があります。

dsc05206

そこから外に出るとすぐバスターミナルがあるので、わたしたちは6番の聖ポール天主堂方面行きの列に並びました。

時刻表のドアを開けたら奥にすぐあるので、間違えないと思います。

dsc05209

ただこちらはかなり混んでいるので、時間がない方はタクシーでもいいと思います。

スタジオシティーから出ているバスの行き先や時刻表のリンクを貼っておくので、こちらで予定を立てるといいかもしれませんね。

スタジオシティーのバス時刻表はこちら

聖ポール天主堂跡方面(大三巴)に向かう

dsc05213

バスで聖ポール天主堂に向かうには、バス停で降りてから歩く必要があります。

中国語に自信のない場合は、やっぱり運転手さんに行き先を書いた紙を渡すなりして、タクシーで行った方が楽だし早いですね。

ホテルやバスには大抵Wi-Fiが付いていますが、やはり知らない場所に行く際はSIMカードを持参した方がいいですよ。

グーグルマップを頼りに歩くこと約10分、やっとそれらしい建物が見えてきました。

近くになると案内表示が出てきますが、聖ポール天主堂跡は漢字で大三巴牌坊と書くので見落とさないようにしてくださいね。

大堂前地(カテドラル広場)

dsc05218

マカオの世界遺産の一つ大堂前地(カテドラル広場)

ここら辺は観光客も少ないので、落ち着いた雰囲気です。

dsc05224

こちらの建物が、カテドラル(大堂)1622年に建てられたカトリック教会。

スケジュール的に見ることはできなかったんですけど、教会内にも入れるようなので、興味のある方は見学してみてはいかがでしょうか。

07:30-18:30まで見学することができます。

聖ドミニコ教会(St.Dominic’s Church)

dsc05266

1587年にドミニコ会の神父たちによって建てられた中国最初の教会。当時は木製だったよう。

併設されている博物館にはマカオのカトリック教聖具や遺物など300点以上が展示されているそうです。

また、毎年5月13日午後に行われる、聖母ファティマの行列では聖母ファティマ像ファティマが聖ドミニコ教会からペンニャ教会へ移動されます。

時間があったらここも見てみたかったです。

10:00-18:00まで。

耶穌會紀念廣場(イエズス会記念広場)

dsc05233

聖ポール天主堂跡前のイエズス会記念広場

聖ポール天主堂跡までの道順はかなり観光客も多くて、ごちゃごちゃしていたので覚えていませんが、そんなに迷わず行けました。

やっぱりここら辺は人気があります!

dsc05232

聖ポール天主堂跡をバックに記念撮影を楽しむ人で賑わっている。

マカオ聖ポール天主堂跡(澳門大三巴牌坊)

dsc05237

有名な石造りのファサード(建物の正面部分)

いよいよ今回の大本命、マカオ聖ポール天主堂跡にきました!!

聖ポール天主堂を含む「マカオ歴史市街地区」は、2005年ユネスコの世界文化遺産に登録された観光スポット。

「マカオ歴史市街地区」は22の歴史的建築物と8カ所の広場を含む地区のことを言います。

マカオ聖ポール天主堂跡は、1835年の火災により焼失し、ファサードのみとなってしまいましたが、今でも絶大な人気があります!

夜になるとライトアップも楽しめるみたいなので、次回は夜に訪れてみたいと思いました。

dsc05238

反対側から見た景色。

みなさん思い思いに記念撮影を楽しんでいますね。

中に入ってみる

dsc05240

聖ポール天主堂跡裏

近づいてみたら中に入れるみたいなので、入ってみました。

dsc05241

dsc05242

中は天主堂芸術博物館になっていて、貴重な歴史的美術品を見ることができます。

入場料:無料

9:00-18:00(17:30以降は入場不可)
9:00-14:00(火曜)

マカオ博物館に行ってみた

dsc05251

途中にあった砲台。

この日は他にもマカオタワーに行く予定などもありましたが、せっかくなのでマカオ博物館も行ってみることにしました。

風邪の影響もあったのか、気温が高かったのかわかりませんが、かなり上るのがしんどかったです。

dsc05260

なんとこの日は月曜日で週に一回の休館日笑

せっかくなので景色を楽しんで、また下りました。

マカオ博物館
10:00-18:00(月曜休み)

セナド広場と民政総署

dsc05265

最後にセナド広場に行ってマカオタワーへ向かいました。

dsc052618

民政総署

1784年に建築された建物は、マカオ初の市議会所有のものであり、現在もその機能を果たしています。「レアル・セナド」(忠誠なる評議会)という名称は、1654年にポルトガル王ドン・ジョン4世がマカオを褒め称えた言葉「神の名の街マカオ、他に忠誠なるものなき」に由来するものです。民政総署は新古典様式で、壁、レイアウト、裏庭に至るまで当時のまま残されています。二階には公式行事などで使用される議事室と、ポルトガルのマフラ宮殿の図書館を模した重厚な図書館と、小さなチャペルがあります。

マカオ観光局HPより引用

バスの乗り方もいまいちわからないので、タクシーを探していましたが、全然つかまりません。

セナド広場近くのお店の店員さんに聞いて、バスの停留所を教えてもらいなんとかマカオタワー行きのバスに乗れました。

まとめ

今回マカオ旅行も初めてなら、聖ポール天主堂跡のある「マカオ歴史市街地区」も初めてで、交通を含め観光の仕方がよくわかりませんでした。

本当はセナド広場の方でポルトガル料理も食べてみたかったんですけどね。

まぁある程度は見たいものをみれたので良かったです。

いくら事前に色々情報を集めても、実際に一度行ってみないことにはわからないことだらけです。

百聞は一見に如かずという諺が身にしみました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク