【台湾台風情報】マカオから台風直撃の台湾に飛行機とバスで帰ってきた

9023

你好!

台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

ここ最近風邪を引いたり、マカオ旅行に行ったりしていて更新できないでいました。

今日はマカオの情報よりも先に、台湾に台風17号直撃した日に飛行機とバス(台中から)を使い、かなり刺激的なフライトとドライブをしてきた話をしたいと思います。

スポンサーリンク

 快晴のマカオ空港でまさかの11時間待ち!!

正確には8時間半遅れになりますが、空港についていたのは午前10時ちょっと過ぎだったので、合計11時間くらい待ちました。

今月の27日、当日は快晴のマカオ空港から高雄行きの飛行機に乗ろうとしたところ、台湾に台風17号が直撃したということで台湾方面のカウンター前に人だかりが。

eva-airline_9794

⬆︎航空会社の職員と、乗客の表情を見て大体察することはできますね。

相方が旅行前に、もしかしたら台風が台湾に来るかもしれないと言っていたのを思い出し、一瞬青くなりました。

どうやら先に出発予定(午前8:30)の台北行きの人たちが新しい情報を集めるために職員の人と話したり、電話で状況を確認しているようです。

その日は空の便はほとんど欠航で、唯一飛んでいるのはエバー航空だけでした。

今日の便に乗らないといつ台湾に帰れるかわからない!?

エバー航空のカウンターの人に話を聞いたところ、飛ぶかとばないかわからない状況だけど、それを逃したら予約でしばらく帰れないと言われ、かなり悩みました。

インターネットや、台湾にいる知人たちの情報では、この台風の状況では到底帰るのは不可能と思われることしか載っていなかったんですね。

知り合いなどに連絡をしても、絶対無理!!自殺行為など、帰ってくるのはやめた方がいいという意見が100%でした。

ただ予報を見ると思いっきりマカオに向かって来てるので、判断がすごく難しかったです。

しかもマカオの寒暖差で風邪をこじらせていたので、思考力も低下気味で「これは夢だ!」と現実逃避したい気分になりました笑

どうしようかと考えていると、しばらくしてまた職員の人が何か情報を持ってきました。

どうやらわたしたちの1時出発予定の便が夜の8時30分搭乗開始、9時頃出発とだけ言いってまたカウンターに戻って行きました。

その時の状況をまとめると

・とりあえず午後1時出発予定だった台湾・高雄行きの飛行機は9時の出発予定に変更。

・いつ飛ぶかはからない、しかも台湾のその時の状況では飛ばない可能性がかなり高い。

・もし仮に飛行機が飛んでもかなり危ない

・これを逃すと予約がいっぱいで、台湾に帰れるのはかなり先になる

この時点で、わたしたちが考えた選択肢は以下の4点でした。

・ホテルを予約し直してしばらく滞在する。

・空港の規模が大きい香港に行って、帰れる便を探す。

・その時出発可能だった福岡の便で日本に行って、帰れる便を探す。

・そのまま待って乗れるなら乗り、乗れないなら振替の便の案内があるか聞いてみる。

相方の仕事もあるので、なんとなく台湾に帰れないかなとしばらく空港で様子を見てみることにしました。

とりあえず食事をしに行く

eva-airline_3691

少し不安な気持ちはありましたが、お腹もすいてきたのでエスカレーターで上がってすぐ右側のレストランに行ってみました。

ちなみにマカオ空港の出発ロビーのレストランは、マクドナルドとこちらのお店しかなかったと思います。

食事できるところが少ないので、かなり混んでいました。

右から澳門堯肉、白灼西生菜、楊川炒飯、ドリンクは芒果珍珠冰を注文。

空港前のホテルに行ってみる

食事を終えて何か変わったことはないかと再びさきほどのカウンター前に行ってみました。

特に変わったこもないようなので、目の前にあるホテルで休めないか行ってみることに。

滞在中のホテルと比べると見劣りするものの、休めるならどこでもいいと思っていたらまさかの満室。

熱っぽさと咳の止まらない状態で再び空港に戻り、ひたすら時間が来るまで待ちました。

エバー航空から食事券(マクドナルド限定)をもらう

夕方頃エバー航空の職員の人からマック限定の食事券をもらいました。

しばらく立ちっぱなしだったので、座れるマックに行ってみると、かなり混んでいましたがなんとか座席をゲットできました!

eva-airline_4953

一緒の便で帰るはずの台湾の人たちと情報交換をする。

台湾の人はほとんどの人が人見知りをしないので、いつの間にかこの大きいテーブルを囲んで昔からの知り合いのような感じで、あそこのホテルは良かったとか、ここの観光地に行ったとか和気あいあいと話をしていました。

しばらく話をしてからもう一度ロビーに行って、8時30分の搭乗まで待ちました。

エバー航空は飛ぶみたい!!

夜8時頃エバー航空が出発の手続きを始めました。

台北と高雄、屏東に住んでいる友人に確認をしたら、雨が強く絶対違う日にしたほうがいいと言っていました。

ただ問題は、これを逃すといつ帰れるかわからないということなんですよね。

出発時間が迫る中、最後の選択をすることになります。

とりあえずカウンターで職員の人に本当に大丈夫か聞いたところ、「わたしたち(エバー航空)はお客様の安全を一番に考えているので、無理なら台湾の着陸可能な空港にとまります」ということでした。

乗ってみよう!

3ebfcbf80f4

普通に考えたらマカオ滞在なんですけど、次はいつ台湾に帰れるかわからないことと、仕事やペットホテルに預けた愛犬のことが心配で帰ることに。

風邪でどうしようもない状況もあり、わたしは半分やけになっていました笑

さっきマックで話していたカップルがいたので、「大丈夫ですかね?」と聞いたら「前にも経験があって、最悪戻るだけじゃないですかね」と言っていたのでちょっと勇気付けられました笑
正直わたしも旅慣れている相方も初めての経験で、何が正解なのかわからずにいました。

eva-airline_5689

予定では1時発の高雄行きが、最終的に21時30分頃マカオを離陸。

離陸時も、マカオに台風が向かってきているなんて少しも感じられないくらいの天候でした。

本当は一番怖かったのは飛行機頭痛

この日わたしが一番恐れていたのは、飛行機頭痛でした。

日本から台湾に持っていって使っているもの、使っていないもの
你好! 台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。 我是住在台灣高雄的日本人一誠。 今日は日本から台湾に持ってき...

以前こちらの記事でも紹介しましたが、飛行機頭痛というものに悩まされていて、今回は風邪(鼻詰まり)を引いていたので、自分の中で飛行機頭痛になる確率がかなり高いと思っていました。

マカオタワーのエレベーターでも耳がおかしくなったので、これは間違いないなという嫌な確信しかありませんでした笑

これは個人差もあるみたいですが、一度飛行機頭痛が始まると、頭が爆発するんじゃないかってくらい目の奥がズキンズキンして、目からは涙がこぼれ、こめかみから頭まで激痛が走り、のたうちまわるくらい苦しいんです。

持参した鼻の薬を飲み、飛行機に乗るときは肌身離さず持ち歩いている耳栓をセットし、さらに耳の中に指を入れひたすら耳を塞いで、機内食よりも水分を摂ることを心がけていました。

以前もご紹介しましたが、わたしはこれで飛行機頭痛がピタッと止まりました。

イヤープレーン

機内アナウンス・台中空港に着陸する

高雄国際空港への着陸は難しいということで、何度かトライしてみるというアナウンスが流れました。

その後再度アナウンスが流れて台中空港に着陸するということに。

それでも乗客は台湾に帰れるならと文句を言う人はいませんでした。

その時の乗客の心理状況は、わたしが思ったことですがきっと、とりあえず台湾に帰れればなんとかなるという思いだったんじゃないかなと思います。

台中に無事着陸することができ、機長さんからアナウンスが流れた時には自然と拍手が起きていました。

eva-airline_6796

もう絶対無理だという台風の中、フライトの指示を出したエバーも凄いですけど、パイロットの方をはじめ、客室乗務員の方々はこんな中、職務を全うしてくれて感謝です。

わたしたちの前に、台中に着陸した飛行機の送迎バスの台数が足りないらしく、しばらく機内で待機。

eva-airline_2321

みなさん一斉に飛行機内で家族に無事を伝えていました。

その間も機内には激しい雨風の音が聞こえていて、機体もかなり揺れていました。よくこんな状態で帰ってこれたなと青くなりましたね笑

台中空港に着いてから

eva-airline_1148

台中についたところで、エバー航空の職員の方たちが今後の予定について説明を始めましました。

後で相方に確認したところ、高雄空港までの臨時バスを用意しているので、そのまま帰ることも可能とのこと。

本当にクタクタでしたが、わたしは高雄に帰りたいと思い、相方と話し合いそのままバスに乗ることに。

eva-airline_9145

ですが、その日の午後に台湾中部・彰化県という場所の高速道路で、観光バスが風に煽られ横転し、日本人8人が負傷して、そのうち1人が重傷を負ったようです。

台湾中部の彰化県!?それって事故の日の夜中に通ったところじゃない!?

高雄に帰ってから知ったんですけど、台湾中部の彰化県はその日の夜中に台風の中バスを飛ばしたところでした。

個人的には飛行機よりもこの高雄までのバスの方が数十倍怖かったです。

運転手さんの技術がどうこういうより、横殴りの雨風で横転しちゃうんじゃないかって10回以上思いましたね。

台中空港から高雄空港までおよそ3時間、スリル満点の長距離ドライブでした笑

飛行機は飛行機でかなり危険度の高いフライトをしたみたいです。

ようやく高雄空港に到着

eva-airline_4778

朝方4時頃、念願だった高雄空港に無事到着することができました。

車で空港まで来ていたので、ここから運転する必要があります。

結局自宅に着いたのは5時近くでした。

本来何もなくマカオから午後1時に出発していれば、2時半頃に着いていたので13時間以上遅れて帰ってきたことになります。

荷物や洗濯物を整理して、シャワーを浴びて寝ようとした時にはもう日が昇っていました笑

まとめ

更新するのに時間がかかってしまいましたが、今回は記憶の確かなうちにどうしてもこの経験をお伝えしたくて今回マカオよりも先に記事にしてみました。

今回のエバー航空のフライトについて、ネット上では賛否両論あるようですが、結果的には無事に自宅に帰ることができて、マカオ空港で帰ることを選択して良かったと思っています。

もしかしたら、もうエバー航空も台風で飛ぶことはないのかもしれません。

何事も経験といいますが、できるならこういう経験は一度でいいかなと思います笑

⬇︎他にも台風に関する記事を書いています。

【速報】台風が台湾・高雄を直撃!!

【台湾グルメ】台湾に台風が来た日の過ごし方について
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク