台湾・高雄で海鮮料理が有名な旗津の「文進活海産」に行ってきました




ニーハオ!!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。

我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は旗津にある海鮮料理のお店「文進活海産」を紹介します。

旗津

前にも何度かブログで紹介している旗津ですが、今回初めてご覧になっている方もいると思うので簡単に説明しますね!

旗津は高雄港に隣接した「旗津半島」のことを言います。上のマップの赤線で囲まれた細長いところが旗津半島です。

 

旗津までの行き方は、西子湾からフェリーを利用するのが一番簡単だと思います。

 

前に旗津に関する記事を書いているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

【台湾旅行】高雄の観光スポット・旗津で1日遊び尽くす!(フェリー)

上の記事でいろいろ紹介させていただいているんですけど、旗津は海水浴、サーフィンなどのマリンスポーツ、海旗後砲台跡、高雄燈塔などの観光巡り、フェリー(西子湾等)、海鮮料理などが楽しめる人気の観光スポットなので、高雄に来たらぜひ一度は訪れてみてほしいところです。

メインストリート(廟前路)は海鮮料理屋だらけ

そんな旗津のメインストリート(廟前路)は海鮮料理の店がたくさんあるんです。

そんな中から今回はまだ行ったことのない「文進活海産」に行ってみました。

文進活海産

まずはお店の前で自分の食べたい海鮮を選びます。

以前旗津の他のお店の記事を書いた時に紹介した、簡単な中国語をもう一度載せておきますね。

 

今回もイカを買って調理方法を尋ねられたのですが、半分は煮(Zhǔ/ヂュ)、もう半分は烤(Kǎo/カオ)にしてもらいました。

▼この漢字をメモしてお店の人に見せるといいと思います。

焼く=烤(Kǎo/カオ)

炒める=炒(Chǎo/チャオ)

煮る(茹で)=煮(Zhǔ/ヂュ)

蒸す=蒸(Zhēng/ヂォン)

いくらか尋ねる時は、多少錢(Duōshǎo qián/ドゥォシャオチィェン)と言えば教えてくれます。

ちょっとグロいものから生簀の新鮮なエビ類までありました。

店内は結構広いです。

この日はメインストリートもガラガラで、席にもかなり余裕がありました。

日中や夜でも少し早めに来ると混雑してるんですけど、平日の閉店1-2時間前なら結構空いていることが多いような気がします。

台湾では大体同じだと思うんですけど、こういう感じのお店では飲み物は自分で冷蔵庫から取って”もらったよ”と申告します。

日本のトクホ(特定保健用食品)マークに似ている「健康食品マーク」のお茶をよく飲むんですけど、こちらのお店にもありました。


▲健康食品マーク

ライスは山盛りになっていますけど、器自体かなり小さいのでそんなに多くないと思います。

台湾人の胃袋に近づきつつあるので、もしかしたら多いと感じる方もいるかもしれません(笑)

この日は油っこいものをなるべく控えようと、チャーハンは頼まずライスにしてみました。

文進活海產の海鮮料理


▲牡蠣と青ネギの炒め物160元

飲み物を持ってきて席に座ってしばらくすると、頼んだ海鮮料理が運ばれてきました。

これが絶品でした!!牡蠣をブログで紹介するたび言っていることなんですけど、わたしは牡蠣がそんなに得意ではないんですね。

でも台湾の牡蠣は小ぶりで、クセも感じないので好きになりました。

そんな台湾の牡蠣がたっぷり入った炒め物ですが、牡蠣などの素材を活かすタレと言うか味付けもまた絶品です。


茹でたイカ(370元)

こちらはイカを1杯買って、茹でと焼きの二種類調理してもらいました。

個人的には焼きの方が好きですが、相方が飽きないようにと茹でもお願いしてくれていたみたいです。

このイカ茹でも弾力があって、付いてきた醤油より先程の牡蠣の炒め物のソースにつけて食べたら絶品でした。

あのソースでこのイカを炒めたら、間違いなく人気が出ると思います。


▲炒鱔魚200元

これはよく意麺の上に乗っている炒め物ですね。

わたしは個人的に炒鱔魚が苦手なので相方に食べてもらいました。

多分わたし以外のかなりの人が、美味しいと思うんじゃないかなと思います。


▲煎魚360元

普段あまり魚の皮が美味しいって思わないんですけど、これはかなり絶品でした。


▲イカ焼き

1杯のイカを茹でと焼きにしてもらいました。個人的にはやっぱり焼きの方が香ばしくて好きです。

まとめ

今回お邪魔した「文進活海產」さんですが、個人的には牡蠣の炒め物と魚が美味しかったです。

他にも鍋物なんかもあったので、次来た時は違うものを頼んでみようと思います。

文進活海產 
住所 高雄市旗津區廟前路28號
電話 07 571 4568
営業時間 10:00-21:00

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!







あわせて読みたい