台湾移住生活一年を振り返ってみる

你好!
高雄在住の日本人イッセイです。

今月で台湾高雄生活も一年経ちます。

たったの一年ですが、振り返ってみると本当にいろいろな事がありました。今日は思い出せる範囲で台湾生活を振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

台湾移住するときの持ち物は

まず台湾に先に送ったものは本(ダンボール2箱)日本にいた頃はかなり持っていたので、厳選して送りました。

準備期間が短かったので泣く泣くブックオフで数百円で売りました。50冊以上売ったと思います。

時間があればオークションとかでもっと高く売れるんですけどねー。

机や大型家電などもガンガン捨てました。よくある手伝い本舗みたいなところでお手伝いさん呼んで、リサイクル券を買ってトラック借りて何往復もしました。

持ってきた洋服類はダンボール3箱くらいにしました。アウターやセーターの冬物はほとんど泣く泣く処分しましたね。

台湾は一年中夏服でいけると思っていたので、半袖やショートパンツはそれほどかさばらないので、靴と帽子を一緒にして送りました。

台湾に大量に物を送るなら船便で大丈夫

台湾も郵便に関しては丁寧な方だと思うので、船便で紛失や壊物もなく無事届きました。

ダンボールは重量もあったので初めて船便というものを利用しましたが、台湾には2~3週間で着きました。

ただ全てのダンボールを一度あけられて中身をチェックされたみたいです。上から見覚えのないテープが貼られていました。

船便はコンテナで持ってくるので、高温に弱いものとかは分けて航空便で送った方がいいです。

その他の持ち物はパソコン、スマホ(Iphone)、一応日本で解約した諸々の書類、財布、免許証、パスポート、ある程度の台湾ドル、生活用品と日本の土産くらいだったと思います。

あとはこっちで買えばいいと思っていたので。

ちなみにスマホは違約金を払い解約してフリー状態にしました。今考えると違約金払ってまで急いで台湾に来たんですね笑

新しくwi-fi契約して今もそのスマホは使っています。

台湾に来てしたこと

tw

語学学校の入学手続きと、電動バイクを購入。

電動バイクなら免許がなくても乗れるので切り替えの必要がないのですが、遅すぎてクラクションを鳴らされたり、煽られたりと散々だったので免許をこちらでも乗れるように切り替えました。

電気バイクは環境に優しいのでもっと普及すればいいなと思います。

ニーズがあれば、スピードが出るタイプも開発されると思うので。

(財団)交流協会で切り替えられます。日本語で大丈夫です。

今はたまに相方のバイクを借りて乗っています。スクータータイプですがすぐに80kmくらい出ます。

こっちの交通は本当に危ないのでそこまで飛ばさないですけどね。

語学学校は3ヶ月単位で通えるタイプのところを選びました。

全く話せない状態で行ったので最初は大変でしたが、繁体字については日本の漢字に慣れていた分、ほかの国の人たちより覚えるのが早かったと思います。

なので、漢字テストとかは問題なかったんですけど、発音や声調をつけるのが難しかったです。
学校は楽しかったのですが、会社の立ち上げ時期がかぶってしまい休みがちでした。

あと住まいは最初マンスリーマンションを借りました。

台湾のランドマーク85ビルのすぐ近くの高層マンションで、夜景がめちゃくちゃ綺麗でした。
なんか日本にいた時よりもリッチになったと錯覚しちゃうほどいいところでしたね笑

インターネットで見たよりも実際は狭く、若干違いはありましたが大型デパートが近くにあり立地はすごく良かったです。

わたしが一人で暮している部屋の隣に、中国人らしき団体が大きなスーツケースを持って8人くらいで入ってきたときはビックリしました笑

多分間取りはそんなに変わらないと思います。

台湾に来た年の夏はめちゃくちゃ暑くて雨が降らず、水不足で節水の注意書きがありましたね。

まだ8-9か月くらいしか経っていないのに懐かしいです。

会社の立ち上げ

twi

7月から8月にかけて、こちらの会計士さんにお願いして申請書を提出し晴れて会社を立ち上げることができました。

といっても今は十分な収益をあげることはできていません。
少し長いスパンでみていきたいと思います。

外国人が一人で会社を立ち上げるのと、台湾人のパートナーがいるのとでは全然違うと思います。

同席するところは一緒に行ったりしていましたが、わたしは現地にパートナーがいたのでほとんど(すべて?)パートナーにやってもらいました。

やはりこちらに協力者がいない場合、中国語が話せないと大変だと思います。

そのことについてはいつかこちらで会社を一人で立ち上げたという方がいたら、話を伺ってみたいです。

マルチーズがうちに来た

パートナーが飼っている犬のほかにマルチーズが11月に新たに加わりました。

わたしはいま家で仕事をしているので、一日も離れたことがありません。
この子は一ヶ月半くらいで家にきたのですが、最初は弱々しくてすぐに死んじゃうんじゃないかと思いました。

来て間もないころは身体も弱く、深夜に動物病院に2~3度行きました。
なかなか薬を飲んでくれなかったり大変でしたが、今はかなり大きくなり安心してみていられます。

今では一緒にいることが当たり前になりました。

日本に一時帰国

tw

この一年で三回日本に帰りました。
主に仕事の準備や手続きの関係です。

ふらーっと東京ギフトショーにも行きました。
特に何か見つかったわけではありませんが、すごく面白かったです。

チャンスがあればまた行ってみたいですね。

パートナーや友人と沖縄にも行きました。
桃園空港から沖縄まで1時間ちょっとで着いたのには感動しました。

沖縄は台湾からは本当に近いんです。

LCC(ピーチ)で行ったので安くいけました。
最近は日本に一時帰国するときは、ほとんどLCCしか使いません笑

そのほか台北や台南、高雄の観光地などいろいろ行きました。
というか連れて行ってもらいました。

あの時ブログをやってたらなーとかたまに思いますが、考えてもしょうがないのでこれからどんどん更新していきたいと思います!

台湾生活で感じたこと

ネイティブの感覚で会話ができないので、本当のところはわかりませんが、みんな思ったことは言うし、こう言ったら人はなんて思うかなといったことを考える人は少ないように思います。

悪気はないんでしょうけど、タクシーの運転手さんなんかも帽子とマスクをしているだけで、いきなりガン(癌)ですか?と聞いてきたりします。

日本だったら絶対「はぁ〜!?」ってなりそうですけど、ここは文化が違うんだなと思うことで、納得しました。

そういったカルチャーショックについて、たまにカナダ人の英語教師の人と台湾について話すことがあります。

日本人同士だと、ほとんど意見が一致して、偏った話になってしまいそうなので。
中でも台湾人は表現がストレート、純粋なんじゃないかなって話になります。

最後に

台湾で実際に一年暮らしてみて、言葉の壁以外に不便に感じることは特にありません。

食べ物もあうし、今住んでいるマンションも快適です。

空気がもっときれいになればいいのになと思うことはあります。オートバイが多すぎるものありますが、冬になればPM2.5も飛来してくるので、台湾だけの問題でもないんですけど。

たまに毒も吐きますが、まわりの人達に感謝しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク