【台湾カフェ】台湾でコーヒー豆を買うなら季洋莊園咖啡(Chiyang coffee)




大家好!!

台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

 

今回は高雄にある最近お気に入りの、咖啡館Chiyang coffee(季洋莊園咖啡)さんをご紹介します。

季洋莊園咖啡(Chiyang coffee)

351

こちらのオーナーは高雄に何店舗もお店(カフェ)を経営されているみたいです。

ちなみにわたしが訪れたお店はコーヒー豆の販売専門店。

カフェでのんびりするもの好きですが、基本家で楽しむことが多いので大体は豆を買って帰ります。

0352

コーヒー好きなら道具を見ているだけで、1-2時間はいられます。

0354

ドリップケトルやカップにミルなど、コーヒー用品が所狭しと並べられています。

0355

↑こちらは試飲コーナーですね。

調べたところこのお店のオーナーは、台湾で有名な焙煎士のお弟子さんだったようです。
その方に教わった人たちはいずれも独立されコーヒーショップを経営されているみたいです。

こちらのオーナーは高雄方面で成功されています。

何度も来ているのに、ブログで紹介しようと思った日に限ってオーナーは不在でした。

いろいろお話を聞いてみたかったんですけどね。

 

こちらのお店はコーヒーだけではなく、紅茶も販売しているので紅茶好きの方も利用しているみたいでした。

 

紅茶は紅茶で奥が深そうなので、かなりの知識や経験が必要だと思います。

360
コーヒー豆のコーナー。
値段はピンキリですが大体500〜800元くらいが平均的な感じです。

5839

今回は中国産(雲南)のコーヒー豆を購入しました。460gで450元

わたしはあまり馴染がなく、イメージ的にはスタバで使用されているということくらいしか知りませんでした。

この珈琲を初めて買いましたが、味は深みがあり酸味は控えめで、香ばしさが口に広がります。
後味もさっぱりしていて香りもまろやか。口に入れた瞬間、何とも言えない香りが鼻を通り抜けます。

 

中国コーヒーも侮れません!

125
別の日に買ったアラビカコーヒー 700元。
特徴は高地で栽培されていて、酸味が少なく香りと程よい苦味と甘みがあります。

ミルで挽くとき少し硬いと感じるかもしれませんと言われました。
まだ少し寝かせているので挽いていませんが、今から楽しみです。

 

わたしも漠然とですが、いつか自分用に焙煎して飲んでみたいという気持ちになりました。

台湾で日本製のコーヒーミルも買ってみた

5
⬆︎こちらは別の日に買ったChiyang coffeeのコーヒーミル。日本の製造メーカーからOEMで作ってもらっているそう。

ミルも値段がピンキリですけど、こちらは台湾の物価では少し高いかなと思います。
めちゃくちゃ愛用しているのでいいんですけどね。


こちらはオーナー夫妻がいる日に購入。
手に持っているネジを調整して挽き方を変えられます。

掃除は水洗い可能で、歯ブラシでキレイにするといいですよと言われました。

あまり洗いすぎても壊れてしまいそうなので、わたしは基本的に、一袋挽いたら掃除するようにしています。

これからもいろいろな味を試してみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る







あわせて読みたい