台湾から日本への飛行機内で空の旅を楽しむために




你好!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

約半年ぶりに日本に一時帰国していました。

今回は親に会ったり、何年振りかにディズニーシーやアウトレットに行ったりと充実した2泊3日を送ることができました。

今回の日本一時帰国の様子を何回かにわけてご紹介していきます。
まずは高雄⇔成田の空港や飛行機内で思ったことについて書いてみたいと思います。

高雄国際空港


⬆︎早朝の5:45分

高雄の空の玄関口高雄国際空港(高雄國際航空站)
高雄空港は早朝にも関わらず、いろいろな国籍の人が利用しています。

 

高雄から成田へ運航しているLCC(格安航空会社)は今のところ、1日わずか1便しかないので早朝発の帰りは高雄に夜中着とかは時期によって決まっていますが、この時期は早朝発深夜着なんです。

 

しかも成田発の時間が遅く高雄に到着するときは夜の11:30とか。
なのでわたしも4時半起きで空港に向かいました。


着いてみるとすでにたくさんの人がチェックインを済ませ、出国ゲートに向かっています。
さっそくわたしたちもチェックインして、出国ゲートに向かいました。

自動で出入国審査が出来るe-gate

日本の自動化ゲートに似たシステムで、混雑時など敬遠したい出入国審査場を並ばずに自動ゲートからスムーズに出入りできるe-gateというシステムがあります。

 

相方がこのシステム登録をしていて、いつもさっと行ってしまうのでいつか登録しようと思います。

 

あまり見る機会のないパスポートですが、スタンプを押されないのでなんとなく寂しい気はしますが、楽そうで羨ましいです。

 

ちなみにe-gateの登録は台湾の居留証とパスポートがあればできるのでわたしも登録できるので次回はe-gateを利用したいと思います。

 

という訳で今回もこんな感じで並んできました。


以前アメリカやイギリスに行ったときに比べれば待ち時間は少ないほうですが、並ばなくて良いなら利用したいですね。

機内の様子

その成田行きのLCCは日本の航空会社ですが、ほとんどの乗客が台湾の人たちです。
わざとGWを外したり、お盆を外したりしていますがいつもほぼ満席。

 

台湾の人たちにもLCCがどんどん浸透しているようですね。

 

行きも帰りもまだまだ台湾人利用客が圧倒的に多く、わたしの見る限り日本人で高雄に行く人は台北に行く人より少数のようです。

 

そのくらい台湾のパスポートや、話し声を多く耳にします。

 

機内では家族連れも多く、父親が積極的に育児をしています。
オムツを替えたりあやしたり、ミルクを作りのませたりなどなど。

 

台湾人パパは子煩悩な性格な人が多いようで率先して子供の面倒をみていました。
いわゆるイクメンですね。

 

行きと帰りだけで4家族(全て別)のパパがあやしたり、膝枕っていうんですかね?太ももに頭を乗せて寝かせたりしていました。

 

もちろん母親が何もしないわけではなく、旦那さんが奥さんの負担を少しでも軽くしようという感じに見えます。

 

いつもはたいして長く感じないんですけど、今回はたった3時間半のフライトがやけに長く感じました。

 

なぜか飛行機の中って時間の経過が遅く感じてしまうんですよね。
特に機内が狭いLCCはキツいです。

 

まぁ年に何往復もするので、贅沢は言えません。
そこでわたしなりに時間の潰し方を考えてみました。

 

アメリカやヨーロッパなどの長時間ではなく、日本⇔台湾間の時間の潰し方です。

寝る

これが出来れば他は説明不要です。
そんなに長い時間ではありませんが、寝れればあっという間に到着するし、早朝発などの時は着いてからの元気度も違いますね。

 

ただわかっていても、相当睡眠不足で疲れていない限り、わたしは簡単に寝れないタイプなので他の方法も考えてみたいと思います。

読書する

わたしも本好きですが、本好きな人には寝るのと同じくらい必須かもしれませんね。
飛行機内や到着してからの乗り物の利用時なども、読書に集中していればあっという間に感じます。

 

旅行に行くときは文庫本を数冊は用意しておきたいです。
今は電子書籍があるので、夜のフライトなんかにはいいですね。

 

しかもタブレット端末に何十冊も入れておけるので本よりも軽く、かさばらずに持ち運びができます。
わたしはジャンルによっては本の方が読みやすいので使い分けています。

音楽やゲームを楽しむ

iPod などの音楽プレーヤーで好きな音楽を聴くのもいいですね。
わたしはやりませんが、ゲームなどをするのもいいかもしれません。

 

あとは高雄⇔成田間のLCCにはありませんが、映画があったらいいですね。
ヨーロッパ行きなどの飛行機では映画が観れるので、映画好きな人は片っ端からみるのも良いのではないでしょうか。

 

ちなみに前に乗ったエバー航空の成田⇔高雄間は映画が観れました。
確かピクサー映画だったと思います。
小さなお子さんがいる時はいいですね!

まとめ

出入国がスムーズにできるe-gateは便利そうなのでぜひ利用してみたいです。
そして無駄を省いて格安で行けるLCCですが、機内での過ごし方ももう少し工夫して快適に空の旅を楽しみたいと思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る







あわせて読みたい