《台湾高雄グルメ》ブランコ席に乗りながら食事ができるお店「渡邊の月桂」




こんにちは!

台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は高雄の鳳山区にある、火鍋とパスタが人気のお店をご紹介します。

渡邊の月桂

2018年5月にオープンした渡邊の月桂。

電話で営業時間を確認したところ、中休みがないらしいので、仕事時間が不規則なわたしたちにぴったりのお店です。

一見すると普通の外観ですが、実はかなり遊び心のあるお店だということが店内に入ってわかりました。



店内の様子

お店に入ると可愛らしい馬車の客車のような物と、水槽にはみたことのない金魚のような魚がいます。

訪れた時はお昼をかなり過ぎていたので、お客さんも少なく、ホールのスタッフさんも1人で対応していました。

▲ブランコが座席になったテーブル

入り口を見ただけでも遊び心を感じましたが、こちらのお店はなんと、座席がブランコになっているテーブルまであるんです!!

40代ほどの大人のカップルが、ブランコ席で食事をしていたので、わたしも座ってみましたが、落ち着いて食事ができなそうだったので、移動してブランコのない席に移動しました。

▲1階にあるプレールーム

先ほどのブランコ席の他にも、プレールームや、自分で好きなものをよそうアイスクリームの冷蔵庫がありました。

お子さんが来たら喜ぶこと間違いなしですね!



メニュー(注文方法)

▲オーダーシート

基本的には鍋とパスタがメインですが、種類が豊富でした。

注文はオーダーシートに記入して頼みます。

わたしは義式青醬の風味蛤蜊(緑色のあさりパスタ)と、プラス90元でスープにパンにドリンクがつくセットを注文。

相方は海鮮原味鍋(海鮮鍋)、珍珠紅茶拿鐵(タピオカ紅茶ラテ)を頼んでいました。

風味蛤蜊

▲風味蛤蜊(220元)

ここにきた方はほとんど注文しているという、「義式青醬風味蛤蜊」。

お皿いっぱいのアサリに緑色のパスタ、赤い糸切り唐辛子が色彩を豊かにしています。

濃厚なソースがたっぷり絡まったパスタは、ハーブのような薬草のような味がして、個人的に少しクセはあったように感じましたが、気にならない程度で美味しかったです。

海鮮鍋

高雄に来たら、ぜひ食べていただきたい海鮮鍋。

最初から入った野菜たっぷりの鍋の中に、アサリや魚にエビなどを入れていきます。

少し分けてもらいましたが、魚もエビも自然の甘みが楽しめて美味しかったですよ!

鍋ではなくてもいいので、高雄に来たらぜひ新鮮な海鮮を楽しんでもらいたいです。

セットとドリンク(タピオカ紅茶ラテ)

▲タピオカ紅茶ラテ(80元)に、プラス90元の3点セット

前後してしまいましたが、最初に運ばれてきたタピオカ紅茶ラテと、90元のパンとスープにドリンクの3点セットです。

熱熱の出来立てパンに、コーンたっぷりのスープ、ドリンク(今回は緑茶を選択)も付いて90元でした。

これは結構お得かもしれません。

それに何と言ってもかなりの大きさのタピオカ紅茶ラテが出てきて驚きました。

飲みきれなければ持ち帰ることもできるので、店員さんも気軽に対応してくれますよ。

まとめ

小さなお子さんがいたら、喜ぶこと間違いなしのレストラン、渡邊の月桂。

わたしも高雄の飲食店はかなり行っている方だと思いますが、ブランコに乗りながら食事をするお店は初めてでした。

渡邊の月桂
住所高雄市鳳山區中山西路191號1樓
電話07 710 5205
営業時間11:00〜22:30
アクセス高雄MRT「鳳山西站(高雄市議會)」から徒歩で約5分。
Googleマップ

※訪問時の情報です。当ページで掲載した内容は、変更してしまっている可能性がありますのでご了承ください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい