台湾高雄にある牛肉麺の人気店・港園牛肉麵

ニーハオ!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は高雄に来たら是非行ってみてほしい、牛肉麺のお店を紹介します!

スポンサーリンク

港園牛肉麺館

美味しくて人気の牛肉麺のお店は高雄にもありますが、今回訪れた港園牛肉麵も大人気のお店です!!

前に日曜に三牛牛肉麺という、牛肉麺の有名店に行った時、食事時を外しても結構混んでいたので今回は平日の食事時を外して来てみました。

食事時を外しても結構混んでいたのは驚きでしたが、狙いが見事的中して余裕で座ることができました。

港園牛肉麺館は家から車で30分くらいの距離ですが、好きな時に来られる距離にこういうお店があるのって嬉しいです。

今回お邪魔した港園牛肉麵は、MRTの鹽埕埔駅から徒歩10分くらいの場所にあります。

鹽埕埔駅といえば、小籠包の美味しいお店もあるので、はしごするのもありですね!

鼎泰豊だけじゃない!台湾・高雄の小籠包の隠れた名店教えます!!

店内

平日だったからか客層は地元の人が多く、観光客が少しいる程度です。

食事時を外してきましたが、わたしたちが席に着いた後すぐに満席になりました。

やっぱり人気店なんですね。

注文方法

注文は入ってすぐあるレジの人にお願いします。

メニューは少なめですが、わたしの経験上こういうお店に限って美味しいんですよね!

店員さんに聞くと、やはり汁なし牛肉麺(牛肉拌麺)がおすすめだと言っていました。

他にも豚足が乗っている豬腳麺なんかもありましたが、今回は牛肉拌麺と、豚足、小皿料理などを注文。

小皿料理やドリンクはこちらの冷蔵庫から勝手に取り出しレジで精算します。

こちらが精算をしていると、日本人ぽい人が片言の日本語で「きゅうり!!きゅうり!!」とお店の人に言いながら店内に入ってきました。

お店の人は何がなんだかわからず、ビールを手渡すと、「違う!!きゅうり〜!!」と日本人風の人が叫びます。日本語がわからない店員さんは訳がわからず、台湾語(閩南語)で無愛(bô ài/要らない?)と話し出す始末。

なんとかボディランゲージでゲットして帰りましたが、ちょっとしたコントかなと思いました(笑)

この牛肉麺のお店に来て、なぜきゅうりだけ買って帰るんだとか、不思議に思うことはありましたが、そのやりとりを見ていたらなんだかほっこりしました。

ちなみにそのきゅうりがこちら。35元

どこの牛肉麺のお店にもある、ニンニクの効いた美味しい小菜です。

その他の料理

こちらもお店の名物の豬腳(豚足)に、食感が病みつきになる海帯絲ときゅうり。

少し値上げしたみたいですが、それでも豚足70元、海帯絲35元、きゅうりは35元なので普通のレストランと比べると、高くはないと思います。

自分からは注文することのない豚足。

無理すれば食べれないことはないんですけど、結局この日も無理はしませんでした(笑)

相方がここの豚足は美味しいと言っていたので、豚足好きの方は是非挑戦してみてください。

牛肉拌麺

これがこのお店で大人気の牛肉拌麺(汁なし)110元

まわりのお客さんもほとんどの人がこれを食べていました。

汁なしですが、スープが付いています。

付いてくるセットのスープも、素朴な味で美味しいですよ!

普段は麺を細麺に変えてもらっているんですけど、今回はそのままの麺でいただいてみました。

 ニンニクと唐辛子も忘れずに!!

ニンニクと唐辛子ペーストは忘れずに入れてくださいね。

器の下の方にあるタレと一緒に混ぜていただくと絶品です。

麺の長さと量に驚きつつ、いただきます。

ん〜うまい!!

コシがあってツルツルの麺、あっさり目の出汁にニンニクと豆板醤の旨味が加わって、絶妙な美味しさ。

スープなしの牛肉麺は相方がたまに頼んでいて、ほとんど興味を示さなかったわたしですが、このお店の汁なしは確かに美味しいです。

牛肉

麺の量もありますが、肉もかなり入っています。

柔らかくて、筋が入っていないわたし好みの牛肉です。

良く煮込まれていてクセもない牛肉で、美味しくいただくことができました。

まとめ

高雄で人気の港園牛肉麵。

もちろんお好みですが、こちらにきたらまず汁なしの牛肉拌麺を頼んでみるといいと思います。

ガイドブックに載っているようなお店は大抵微妙だったりするんですけど、このお店は日本人にもウケがいいだろうなと思いました。

港園牛肉麵
住所 高雄市鹽埕區大成街55號
電話 07 561 3842
営業時間 10:30-20:00

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク