澎湖の観光名所・奎壁山赤嶼地質公園(摩西分海)の「トンボロ現象」

ニーハオ!!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今日は澎湖にある有名な観光スポットを紹介します!

スポンサーリンク

奎壁山赤嶼地質公園

奎壁山赤嶼地質公園は澎湖本島の北東(湖西郷)にある、トンボロ現象(干潮時に隔てられていた陸地と島がつながる)が見られる澎湖を代表する観光地です。

台湾では摩西分海(モーセの海割り)の呼び方のほうが馴染みがあるみたいですね。

トンボロ現象は、奎壁山赤嶼地質公園と友好公園になっている西伊豆の堂ヶ島公園や、香川県(小豆島)にあるエンジェルロードなど、日本でも見ることができるみたいです!

干潮時は目の前の赤嶼まで歩いて行くことができるので、わたしたちが訪れた時は多くの人で賑わっていました。

ご覧の通りかなりの人です。

写真真ん中の人がたくさん歩いている道はほとんどの時間海水に浸かっているのですが、1日数時間ほどこのような現象が起きます。

このトンボロ現象は、毎日時間が少し異なるみたいなんです。

お世話になった民宿にも歩ける時間帯が書いてありましたけど、毎日微妙に違いました。

ホテルや民宿で教えてくれると思いますが、下のサイトの潮汐表に歩ける時間が載っているので、奎壁山に行く人はチェックしてみてください。

交通部觀光局HP

日本にある西伊豆の「堂ヶ島公園」と友好公園になっていると紹介されていました。

一見観光案内所に見える建物もサボテンアイスやお土産屋がメインになっていて、そこも大盛況でした。

⬆︎サボテンアイス

味はさっぱりしていてクセがなくて食べやすかったです。

休息広場はほとんど人がいないので、時間がある方は人が引くまで待ってみるのもありだと思います。

歩いてみた

澎湖は風が強い島らしく、風力発電機がたくさんありました。

玄武岩や珊瑚でできた道はデコボコで歩きにくいので、歩き易い靴できたほうがいいです。

赤嶼の中央や右側は通行止めになっていて、監視の人がいました。

左側から先に進めるみたいです。

赤嶼側から見た陸地。

わたしたちが歩いた時はかなり人が多かったんですけど、帰る時はかなり人が引いていました。

干潮の時間は限られていますけど、ゆっくり見物したり写真を撮ったりしたい人は少し様子を見てみるといいかもしれません。

まとめ

トンボロ現象をじかに見るのも歩くのも初めてで新鮮でした。

欲を言えば、潮が引いて道ができていくところを見れたら最高でした。

定番の観光スポットみたいですけど、澎湖に来たら一度は行ってみてほしいです。

奎壁山地質公園(摩西分海)
住所 澎湖県湖西郷北寮村
電話 06 921 6445

⬇︎よろしければこちらもご覧ください。

台湾の離島・澎湖(ポンフー)海がきれいなビーチリゾート見所まとめ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク