高雄で美味しい蒸餃子が食べられる「北平楊寶寶蒸餃」




こんにちは!
台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は高雄にある、食事時は行列が避けられない人気の蒸餃子のお店をご紹介します。

北平楊寶寶蒸餃

北平 楊寶寶 蒸餃「ベイピン ヤンバオバオ ゼンジャオ/běipíng yángbǎobǎo zhēngjiǎo」は、美味しい蒸餃子が食べられると評判のお店で、地元の人たちからもかなり人気があります。

基本的に並ぶのが嫌いな高雄の人たちも、こういうお店だけは別なんですね。

場所は高雄の楠梓区というところにあって、台湾鉄道の「楠梓駅」から歩いていけます。

路上駐車も可能ですし、お店から少し行ったところに立体駐車場もあるので、車でもわりと行きやすいかなと思います。

この日も平日でしたが、ちょうど食事時に訪れたので、外まで順番待ちの人で溢れかえっていました。

北平楊寶寶蒸餃の前にある通りは、夜になると少し寂しい感じがしますが、こちらのお店だけ人が集まっているので、すぐにわかると思います。

まずはお店のスタッフに店内か持ち帰りかを伝える

人ごみを掻き分けながら、お店の方に店内で食べるのか、持ち帰るのかを伝えます。

店内で食べるなら內用 (ネイヨン/ nèiyòng)、持ち帰りは、外帶 (ワイダイ/ wàidài)ですね。

店内はほとんど満席でしたが、外で待っているほとんどのお客さんは持ち帰りだったので、2〜3分待っただけですぐに店内に案内されました。

意外と店内の回転も早そうです。


注文方法

この日はお客さんが多く、外で並んでいる間に「食べたいものを先に注文してください」と言われ、店内(イートイン)用のオーダー用紙に食べたいものを記入しました。

しかも北平楊寶寶蒸餃では、土日の食事どきのオーダー(蒸餃子など作るのに時間のかかる物)は一度限りで、追加オーダーはできないので気をつけましょう

店員さんに確認したら、スープは後からでも追加できるとのことでした。

蒸餃子は豚肉と牛肉、肉なし(ベリジタアン)があるので、どちらか選ぶか、お腹に余裕があるようなら2種類くらいは試すのもありだと思います。

北平楊寶寶蒸餃では、蒸餃子の他に鍋貼(焼き餃子)や、捲餅 (巻餅/牛と豚)などありますが、どちらもおすすめですよ!

この時は牛肉蒸餃に焼き焼餃子、牛肉捲餅とサンラータンを注文し、あとから自分で取る小菜(3皿)をいただきました。

店内の様子

外も人でいっぱいでしたが、中もほとんど満席です。

わりと大人数で来ているお客さんが多い中、わたしたちは2名だったので、すぐ席に着くことができました。

店内は結構広く2階にも席があり、この日は2階に案内されました。

2階は円卓が多かったので、どちらかというと大人数のお客さんは2階に通されるようです。

席に着いたらまず、1階にある小菜(小皿料理)を取りに行きます。

小菜(各30元)は、勝手に持って行って、後から店員さんに申告しましょう。

それと蒸餃子や、焼き餃子用のつけだれを用意するのもお忘れなく!

小籠包などに付いている、刻み生姜、醤油やラー油に酢などで、自分好みのつけだれを作ってください。

絶品蒸餃子

▲牛肉蒸餃 70元

 

牛肉の蒸餃子が、一段に8個入ってたったの70元です!

蒸籠(セイロ)のまま運ばれてくる熱々の蒸餃子。猫舌の方も(わたしもですが)、これはなるべくなら熱々の状態のうちに食べてください。

ただあまりにも熱い状態で口に入れると、火傷して口の中(口蓋)の皮が剥けてしまうこともありますので、そこらへんはご自分の加減でお願いしますね。

これは小籠包など熱いのを百も承知の、台湾人の相方に起きたことです。

個人差はもちろんあると思いますが、台湾女性は結構豪快な人が多い気がします(笑)

豚肉の蒸餃子も頼みたかったのですが、この日(土日の食事どき)はオーダーが一度きりなのを忘れていて、残念ながら食べることはできませんでした。

蒸餃子は肉汁がパァーっと口の中いっぱいに広がり、なんとも言えない幸せな気持ちになれます。

結構ボリュームがあり、牛肉と肉を包む皮のバランスも最高でした。

鍋貼(焼き餃子)

▲鍋貼(焼き餃子)60元

 

お店によって違いはありますが、日本のイメージだと6個くらいが普通かなと思うところ、こちらの焼き餃子はなんと、8個もあってたったの60元。

個人的に、焼き餃子は日本のほうが好きですが、北平楊寶寶蒸餃の焼き餃子は、他のお店のものよりジューシーで具材がたっぷり詰まっていて美味しかったです。


牛肉捲餅

▲牛肉捲餅 70元

 

牛肉とネギが何層にも巻かれていて、パイのようなサクサクの生地で一口大?にカットされてきます。

男性のわたしでも一口で食べることはできませんんでしたが、サクサクの生地に包まれた牛肉とネギの食感と味が、本当にクセになります。

蒸餃子とは別に、好みのつけだれを作るといいかもしれませんね。

こちらも追加オーダー不可でしたので、おかわりは諦めました(笑)

サンラータンと小菜

▲酸辣湯(サンラータン)30元、小菜90元(一皿30元)

 

サンラータンは、ピリ辛で酸味もちょうどよく、とても美味しかったです。

何より具材がたくさん入っていて、スープというより食べ物のようでした。

小菜は1階から相方が知らぬ間に持ってきていましたが、わたしはお気に入りのきゅうりだけいただきました。

まとめ

新しいお店や、本当に人気(美味しい)のあるところでしか並ばない高雄の人たちが、食事どきになると行列を作る北平楊寶寶蒸餃。

台湾は小籠包だけではなく、蒸餃子も美味しいので、高雄に来た際はぜひおためしください。

できれば、食事どきを少しずらしてくることをおすすめします。

北平 楊寶寶蒸餃
住所高雄市楠梓區朝明路106號
電話07 525 0005
営業時間11:00〜01:00
アクセス台湾鉄道「楠梓駅」から徒歩でおよそ7〜8分。Googleマップ

※訪問時の情報です。当ページで掲載した内容が変更してしまっている可能性もありますので、ご了承ください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい