台湾・高雄にある絶品ステーキ丼のお店・心丼。好食美國Prime牛排丼

大家好!

台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は高雄のある、美味しい丼もののお店を紹介します。

スポンサーリンク

心丼。好食美國Prime牛排丼

心丼。好食美國Prime牛排丼

高雄市鳥松区というところにある、こちらのお店。

この日は知り合いに教えてもらった、ウォーキングマシーンのお店を見に来た時に見つけました。

公共の乗り物を利用するなら、MRT衛武営駅からバスかタクシーで来ることになります。

バスで来る際は、芳城市餐廳という名前のバス停で降りてください。

早速店内へ入ってみると

心丼。好食美國Prime牛排丼

食事時というのもありましたが、結構混んでいました。

心丼。好食美國Prime牛排丼

お〜肉が美味しそうに焼かれています!

 メニュー(オーダー)

心丼。好食美國Prime牛排丼

日本語がいくらか話せる、陽気な店員さんにオススメを聞いたところ、やはり店の名前でもあるステーキ丼をすすめられました。

ステーキ以外は、3-400元で食べられるメニューが多かったです。

わたしはオススメのステーキ丼、相方はホタテ丼を頼んでみました。

改めて台湾の食肉文化について考えてみる

台湾は、牛を農耕に用いてきたことなどを背景として、牛肉を食する文化がなかった。
このため、牛肉生産量はわずか6千トンで、国内消費の9割以上を豪州や米国等からの輸入に依存している。

今後、政府による生産履歴(TAP)・台湾優良農産物(CAS)の認証制度や食肉業者に対する衛生管理の徹底による取組みが浸透することにより、国産牛の消費も増えていくことが見込まれる。

財団法人中央畜産会畜産の情報 2012年7月号)より引用

財団法人中央畜産会によると、2010年の一人当たりの年間食肉消費量は約76㎏で、そのうち豚肉が約37㎏、家禽肉(鳥)が約32㎏となっており、牛肉は約5㎏と圧倒的な差があります。

⬆︎以前当ブログで取り上げましたが、2010年の時点で牛肉の年間消費量はわずか5㎏だったそうす。

わたが移住してきた2015年には、高雄にもステーキハウスや焼肉屋などがたくさんあって、牛肉はすでに市民権を得ていました。

意識していないだけかもしれませんが、台湾高雄にいて、みんな牛肉食べないなぁとか、牛肉を扱うお店が少ないとかは思ったことがありません。

わたしの感覚では、台湾人も日本人と変わらないくらい、牛肉を食べているんじゃないかなと思います。

ステーキ丼(澳洲和牛 M4 紐約客牛排丼)

5742597

これが店員さんオススメのステーキ丼 490元

台湾の牛肉ってアメリカやオーストラリア産のものが多くて、噛み切るのも一苦労っていう、ゴムみたいな牛肉を出してくるお店もあるんですけど、これは柔らかくて噛むほど味が出てくるっていうんでしょうか。

脂も乗っていて、すごく美味しかったです。

そんな牛肉がモリモリに乗っけられていて、非常に満足でした。

ホタテ丼(烤蒜香帆立貝丼)

3224

ホタテ丼 290元

こちらは相方が頼んだホタテ丼。

何かわかりませんが(片栗粉?)、ホタテがニンニクを絡ませた衣にコーティングされて出てきました。

大きなホタテが5個入っていて、これだけでもかなりのボリュームだと思います。

わたしの肉と少し交換して食べてみましたが、プリプリして食べ応えがありました。

まとめ

たまたまウォーキングマシーンを見に来て、新規開拓した心丼。好食美國Prime牛排丼さん。

店員さんに話を聞いたところ、まだできて間もないと言っていました。

いち消費者にとっては、美味しいお店ができてくれるのは単純に嬉しいことです。

心丼。好食美國Prime牛排丼
住所 高雄市鳥松區汾陽路86號
電話 0965 580 801
営業時間 11:00~14:00、17:00~20:00

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク