台湾南部の海を楽しむなら墾丁!メイドが迎えてくれるホテルTUKUYOMI(月讀)

大家好!

高雄在住日本人のイッセイです。
3日連続でご紹介している屏東・墾丁旅行ですが、本来この旅行の目的がTUKUYOMI・月讀(ツクヨミ)さんに泊まる事でした。

そんなわけで今回は墾丁にも行きやすく、近くに國立海洋生物博物館やゴーカート場もあるホテルTUKUYOMI・月讀(ツクヨミ)さんについてご紹介します。

スポンサーリンク

メイドが出迎えてくれてオーシャンフロントも楽しめるホテルTUKUYOMI・月讀(ツクヨミ)

DSC02507

正式には去年の10月にオープンしたばかりのこのホテル。
高雄にメイドカフェ、メイドレストランも経営しているとのこと。

何も知らされてなかったので、中に入ってビックリ!なんとメイドが出迎えてくれました。

日本に住んでいた時もメイドカフェに行ったことがなかったのでかなり新鮮でした。
動画を貼っておきます。


月讀博客沙灘會館 from 徐賽門 on Vimeo.

最寄りの枋寮車站(駅)から送迎もしてくれます。

今回の旅行の初日のブログで書いていますが、TUKUYOMI・月讀(ツクヨミ)さんに到着してまず先に行ったレストランで食事をした後、一緒に来た友人の数人は翌日仕事があるということで帰ったんですけど、泊まっていない友人たちもホテルから駅まで送ってくれました。

レストランのブログはこちらをご覧ください。

ちなみに送迎だけでなく、観光案内もTUKUYOMI・月讀(ツクヨミ)さんにしてもらうことも可能だそうで、ガソリン代や車をとめる駐車場代を負担してくれればいいそうですよ!

このレストランには日本語を話せるスタッフさんがいて、いろいろ説明してくれるので台湾華語(中国語)が苦手な方も安心して泊まることができます。

そのスタッフさんに話を伺ったところ、ホテルの名前のツキヨミは日本の漫画からつけたそう。

メイドといい、漫画から名前とつけるところから日本のいわゆるオタク文化が大好きなオーナーさんみたいですね。

なんでも日本に留学経験があるようで、色々お話を伺いたかったのですがお会いできなくて残念でした。

DSC02407
ご覧のように受付にはメイドの格好をしたスタッフさんが何人もいます。

DSC02510
こんなサービスまでしてくれました。
日本のメイド喫茶などに飽きたという方は台湾のメイドホテルはいかがでしょうか。

朝ごはんはどうしますか?聞かれたので、予約を入れておきました。
朝食をホテルで食べる人は予約が必要です。

DSC02404
この旅行は天候にも恵まれ、終始快晴とまではいきませんでしたが、たまに曇るくらいの天気でした。
館内の螺旋階段も素敵です。

DSC02403
メイド服と中世のヨーロッパの鎧が飾ってありました。
意外と館内はヴィンテージ、アンティーク調な感じがしました。

ここら辺で明日仕事の二人はマネージャーさんに駅まで送ってもらい帰りました。
わたしは少し館内を撮影させてもらってから部屋に入りました。

DSC02408
マントルピースの両サイドにはレザーの椅子が置かれていてなかなかオシャレです。

DSC02406
パックマンを複数人で遊べるゲームみたいですね。
近くにある木馬も可愛いです。

DSC02411

館内の手洗い場から外に出たところ。

DSC02412
こんなところで毎日夕日が見れたら最高ですね!

DSC02410
客室の目の前はもう海!
二階建てで、一階の部屋は窓を開ければすぐビーチに行けます。

DSC02414
こちらの廊下から部屋に行きます。

DSC02420

ダブルベッドが2つのツインルームでした。

月讀_238
もう一つの部屋もダブルベッドのツインルームでした。

月讀_4218
洗面所も清潔な感じ。

月讀_2675
お茶が楽しめるようになっています。

あと室内にデジタル式の金庫がありました。

初めての方必見

このホテルのエアコンは天井のセンサーに向けてスイッチを押し電源をつけます。

DSC02519
こんな感じ。

DSC02418
部屋の奥の窓を開けるだけでこれだけの開放感です。
窓を開ければそのまま海まで歩いて行けます。

オーシャンフロントの室内。
二階からの景色もいいかもしれませんが、個人的には一階がいいかなと思いました。

愛犬家に朗報

あまり大々的には公表していないようですが、愛犬家だけではなく動物を愛する全ての人にとって朗報。

このホテルは動物宿泊オッケイだそうです。

ただ動物の種類、大きさなどにより泊まれないペットもいると思うので事前に確認したほうがいいですね。

チェックインの時に1000元預けて、何も壊されなければ帰りに預けたお金を返してくれるそう。
実際ウチも連れて行きましたが、お金は何も発生しませんでした。

愛犬と泊まれるのは本当に嬉しいです!
移動中ずっとボックスに入ってたので、部屋で出したら最初は初めてのところで怯えていましたが、徐々に慣れていつもの愛犬になっていました。

翌日の朝

前日の夜はマネージャーさんに墾丁大街夜市に連れて行ってもらって、帰ってからグッスリ眠れました。
墾丁大街夜市の記事はこちら

普段の仕事が不規則なので、早起きはあまり得意ではないんですけど、7:00頃パッと目が覚めました。
夜市でちゃんと食べなかったので、若干空腹だったものあったのかもしれません。

さっとシャワーを浴びて、犬を外に出して遊ばせていました。

しばらくして友人と合流。
昨日のプールサイドを少し歩いたところにあるレストランに向かいました。

DSC02467
しばらく写真を撮ったりしていました。
リゾート地に来たって感じがします!

DSC02504
最終日も天候に恵まれて良かった〜

DSC02471
レストランに到着。早かったようで我々が一番乗りでした。

こちらのホテルでは、前日のチェックインの時に翌日の朝食を頼むか聞かれます。

S__8282427
ホテルで食べるときはこちらのメニューから選びます。
わたしと友人はAのハンバーガーセットを、相方はEの中国式の朝食セットを注文。

厨房に入ってみた

前日に墾丁の夜市に連れて行ってもらった時、ホテルの朝食の話になり、マネージャーさんから「良かったら明日厨房に入ってみませんか?」的なことを言われたので、レストランのスタッフさんにその旨を伝えてみました。

「今はちょっとバタバタしているので、少し落ち着いたらこちらから声をかけますね」と言われ少し待つことに。

しばらくすると、スタッフさんが今なら大丈夫ですと教えてくれたので、遠慮なく入って作っているところを見学させてもらいました。

DSC02477

なるべく邪魔にならないように写真を撮らせてもらいました。

DSC02486
日本語の話せるスタッフさんが教えてくれたのですが、こちらの方は大きなレストランからヘッドハンティングしてきたそうです。

DSC02487
ハンバーグ(パティ)が美味しそうに焼き上がりました。

DSC02490
プレートにスクランブルエッグを乗せ、ハンバーガーを盛り付けていきます。

DSC02492 (1)
ハンバーガーの完成!!
中国式の朝食はすでにできていたので、今回はハンバーガーが出来上がる様子を見学させてもらいました。

DSC02499
マネージャーさんもオススメのハンバーガーセット。ドリンクは豆乳にしました。
ボリュームが凄くて一口噛むのも大口を開けて食べなければならないほど。

しまいには手をベチョベチョにしながらむさぼってました(笑)

ジュワ〜っと肉汁が口いっぱいに広がり、肉感の強いハンバーガーです。
チーズとの相性も抜群!

普段はマックやモスなどはほとんど行かなくて、フランドポテトは特に食べないんですけど、カリッと揚がっていて知らないうちに全部食べてました。

豆乳や、サラダも付いていてバランスのとれた朝食です。
ちなみにドリンクは豆乳以外にもあります。

月讀_9835
相方のオーダーした中国式の朝食。
わたしの苦手な肉髭があります。

これ苦手なんだよねーと話したら、「ちょっと食べてみなよ」と言われ、恐るおそるほんの少しだけ口に入れました。
そしたら、あれ!?というほど普通に食べられました。

肉髭の苦手なところは、甘すぎるくらい甘いところなんですけど、ここのはそこまで甘くなかったです。
ものによって違うんですね。

朝食をゆっくりいただいた後、出かける準備をしに部屋に戻りました。

2階もちょっとだけご紹介

部屋に戻る途中2階の様子も撮らせてもらいました。

DSC02511
2階に上がってすぐ右手にバーカウンターがあります。

DSC02512
DSC02516

DSC02513
2階からの眺め。
少し写真を撮らさせてもらい部屋に戻り出かける支度をしました。

良いと思ったポイント

・部屋のランクはあるようだが、全室オーシャンフロントで景色がとても良い。(海がキレイ)

・普段接することのないメイドの格好をしたスタッフと会える

・ペットも一緒に泊まることができる

・この時期は観光客が少ない

・近くに海鮮が美味しい場所がある

・ホテルが送迎、観光案内をしてくれる

まだ探せばあると思いますが、個人的にTUKUYOMI・月讀さんに泊まっていいなというポイントをあげてみました。
何度でもリピートしたいホテルです。

⬇︎他にも今回の旅行のブログがあります。
台湾南部旅行・屏東・墾丁おすすめ観光スポット【車城福安宮・綠豆蒜】

TUKUYOMI(月讀)
住所 屏東縣枋山鄉中山路三段61之3號
電話 (08)876-1800

TUKUYOMI・月讀(ツクヨミ)さんのホームページはこちら
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク