台湾の大学病院の検査はすごく念入りにしてくれる

你好!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今日は高雄の大学病院の検査でとても念入りに診察してもらったことについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

先週の検査の続き

そもそもの始まりは左半身の痺れからなんですけど、ここまで大掛かりな検査をしてもらえるとは思っていませんでした。

⬇︎以前の記事はこちら

台湾(海外)で急に具合が悪くなったら(病院について)

ここから始まり、一度病院を変えて現在に至ります。

前の病院も同じですが、先生方も良くしてくださり医療費も本当に安いので感謝しています。

先週で脳の検査は終わったんですけど、脳とは別に痺れの原因を見つけるため、なんと先生がエコー検査までしておこうと予約をいれてくれていました。

本当にありがたいです。

台湾はだいたい初診ではエコーが多い

122y
なんだか本当に病弱みたいですが、以前しゃっくりが3日間止まらずに内科に受診したことがあるんですね。

最初の1日くらいは笑っていたんですけど、2日目くらいからさすがに辛くてインターネットでいろいろ検索していたら、しゃっくりが何日も続くのは結構ヤバイ事みたいに書いてあって、自分で止める方法も全て試してダメだったので病院に行きました。

その時もエコーで診てもらいすぐに点滴と薬を処方してもらいピッタリ止まりました。
先生が言うには、原因はおそらく食生活だろうということでした。

インターネットももちろん嘘は書いてないんでしょうけど、正直もしかしたら重病なんじゃないかとヒヤッとしましたね(笑)

これを見ている方も何かあった場合は可能であればすぐに病院に行くのが一番ですよ。

エコーってその時が多分生まれて初めてだったと思うんですけど、その後数回見てもらいましたが、内科で初診の場合エコー検査をする確率は今の所100%です。

先生がおっしゃるにはエコーで見ればだいたいはわかるとのことでした。
もちろん病状によりますが。

そして今週もエコー検査をみっちりしてもらってきました。

異常なくらい長かったエコー検査

この日はエコー検査と時間が間に合えば、眼科の受診もできればと思って来たんですけど、すぐに名前を呼ばれて暗い検査室の中へ。

ベッドに横になり、すぐに検査が始まりました。
まず、ゼリー?みたいなものをたっぷり首筋、胸元に塗られてグリグリと結構強めに押し付けていきます。

検査中に時々血流の音が聞こえたので、「その音むかし寝る前とかに聞こえていました」というと良くないですねと言われてしまいました。

それが1時間くらいだったんですかね。かなり長かった首筋、胸元の検査が終わりました。
検査をしてくれた人がティッシュでゼリーを拭いてくれたので、終わりかと思い立ち上がろうとしたら、「まだです」と言われ今度はこめかみと側頭部にゼリーを塗り始めました。

一瞬まだ終わらないの?と思いましたが、してくれるならやってもらおうと思いそのままおとなしく目をつぶりました。

本当は検査室が寒すぎて、トイレに行きたくてしょうがなかったんですけどね(笑)

こめかみと側頭部も丁寧に検査してもらいようやく終わり、時計を見たら2時間近く経過していました。

おそらくエコーをしてくれた先生(担当医ではない)も大変だったと思います。
横になっているだけのわたしが辛かったんですから。

ありがとうございました。

以前の痺れから見てもらった内容をまとめてみる

救急病院の検査を加えてこれだけの検査をしてもらいました。

・血液検査×2

・レントゲン

・エコー(超音波検査)

・CT

・MRI

救急病院は半日ベッドと、緊急処置(点滴等)をしてもらったので結構かかりましたが、これだけしてもらってトータル2500元くらいです。

しかも眼科の徹底した検査を含めて。

わたしの過去の病気の話をしたら、先生がとても親身になってくださり本当に良くしてもらっています。

毎回ちょくちょく記事にする理由は、台湾の医療制度や検査方法も決して遅れてはいないと思うし、外国人でも安心して暮らすことができると伝えたいからなんです。

来週検査結果が出来ますが、自分でベストを尽くしたら(身体に対してそこまでしてないけど笑)なるようにしかならないので、悲観はしていません。

この日はついでと言っちゃなんですが、眼科の検査もしてもらったのですが、とても長くなりそなので次回検査内容をご紹介したいと思います。

⬇︎眼科の診察の様子はこちら
日本人が台湾(高雄)の大学病院で眼科の診察を受けてきた

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ⬆︎クリックしていただけると励みになります^^

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク