台湾でメガネを作ってみた!(乱視と遠視とブルーライトカット)

你好!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は台湾でメガネを作ってみたので、その時のことをお話ししてみたいと思います。

スポンサーリンク

今回の目的はブルーライト対応メガネ(PCメガネ)

眼精疲労

これは現代人の宿命ですが、わたしも仕事やプライベードで、1日中パソコンやスマホ、アイパッドなどを見ていて目を酷使しています。

本は紙が好きなんですけど、わたしの住んでいる台湾高雄の街で、日本の本を買おうと思ったらデパートに行かなければ買えないので、だんだんと電子書籍を買う機会が増えてきました。

昔なら分からない漢字や言葉は辞書で調べたものですが、今は分からない言葉を指でなぞるだけで教えてくれますからね。

指でなぞって覚えた言葉って忘れやすいんですけど、とにかく便利になりました。

電子書籍だけでなく、いろいろなことができてしまうスマホやタブレットですが、長く使用すればするほど、ブルーライトによる目の影響が心配ですよね。

今使っているメガネはブルーライト対応ではないので、この機会に新しいのを買ってみようと思いました。

自分の目に関する状態と環境

・30代後半

・視力は覚えてる限りで0.2と0.5くらい

・普段の生活でメガネがなくてもあまり困らないが疲れる(細かい字などは読めない)

・乱視

・目の疾患(眼圧高めで緑内障の検査経験あり)

・仕事でパソコンに向かっている時間が7-8時間

・寝る前もスマホやタブレットを見ている

眼圧に関しては以前行った、台湾高雄の大学病院はとても丁寧に検査してくれました。

台湾の大学病院で眼科の診察を受けてきた

やっぱり専門店がいい

台湾のメガネ屋

台湾にもZoff(ゾフ)やJINS(ジンズ)と似たような早く、安くメガネを作ってくれるお店もあります。

相方に相談したら、安いところはフレーム良いのないよ〜と言っていたので、高雄にあるメガネ屋さんに行ってみました。

後から考えたら家用のメガネなので、ちゃんと機能を果たしてくれればフレームはなんでもいいんですけどね。

今回はじめて台湾でメガネを作ってみて感じたことは、仕事が丁寧だなということでした。

台湾の他の店で作ったことがないのでわかりませんが、デパートなんかに入っているところでは、きっとここまでしてくれなかったはず。

目の検査

台湾のメガネ屋

まずは椅子に座り、視力検査をします。

視力検査はプロジェクターを使い、壁に映した数字を読み上げていくといった感じ。

順番はわかりませんが、乱視や遠視の検査、老眼などの検査をしました。

台湾のメガネ屋

遠視のレンズを調整するのにした検査。

今回検査をして、乱視と遠視、軽い老眼だということがわかりました。

ちなみに老眼は年相当だと言われましたが、ショックでしたね。

老眼になる年になったか〜としみじみ検査結果を受け入れました笑

フレームを決めてブルーライトカットにしてもらう

台湾眼鏡

メガネ屋さんなのでフレームはたくさんありますが、これに決めました。

ってかなり見づらいですね笑

メガネ屋さんのご主人も持っていると言っていた、フレームです。

今回はフレームに、視力調整、乱視、遠視、老眼、ブルーライトカットにしてもらいました。

7400元のところ、7000元にまけてもらいました。

7000元はわたしの知り合いが住んでいる、台北のワンルームアパートの値段です。

まとめ

今回はじめて台湾でメガネを作りましたが、非常に細かい検査をしてくれました。

写真はあまり撮れなかったんですけどね。

台湾ではあまり運転することはありませんが、いつかこっちでも運転することになると思うので、その時は運転用のメガネも作ってもらおうと思っています。

ちなみにメガネはまだ出来上がっていないので、届いたら感想を書きますね。

緑内障の疑いもあるので、これからは前以上に目を大切にしていきたいと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク