高雄にあるコンサートホール「衛武営国家芸術文化中心」




こんにちは!台湾在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は高雄にある衛武営国家芸術文化中心で、光のショーを見てきた時のようすをご紹介したいと思います。

衛武営国家芸術文化中心

▲工事中の衛武営国家芸術文化中心

衛武営国家芸術文化中心は、オペラハウス、コンサートホール、プレイハウス、リサイタルホール、野外劇場などで構成されている複合施設です。

正式オープンは2018年10月を予定しているそうですが、11月22日から26日(2017年)まで「The First Seeds-榕樹下的記憶」と言う光のショーを開催していたので、行ってみました。


衛武営国家芸術文化中心の行き方

▲MRT鳳山西駅の方から来た時のようす

衛武営国家芸術文化中心へは、 MRT衛武営(O10/橘線)の出入口6番を出ると、建物がすぐ目の前にあるのでわかりやすいと思います。

レンタカーを借りて車で来る時は、MRT鳳山西駅の近くにわりと大きい駐車場があるので、そこから歩いて10分くらいで来れます。

いざ会場へ

▲夜店が何軒も出ていました

今回開催される光のショー「The First Seeds-榕樹下的記憶」は、衛武営国家芸術文化中心(第6劇場)の外観に映像を投影するイベントです。

19:00〜19:50、20:00〜20:50、21:00〜21:50の1日3回行われています。

見物席は以前ブログでご紹介した衛武営都会公園でした。

まだ開演前で準備をしている最中ですが、凄くきれいです!

もしかしたらガラガラなのかなと思っていたのですが、かなりの人が集まっています。

適当に見やすそうなところに陣取ってみました。

開演!

ここまで大規模なのは初めて見ましたが、音もかなりの迫力があります!

光のショーは、環境(自然)問題をテーマにした考えさせられる内容です。

最後は黃子軒與山平快(ZiXuan & Slow Train)のライブが行われていました。

まとめ

車で衛武營國家藝術文化中心の前を通るたび、「もう完成したんだな」と思っていたのですが、正式には来年(2018年)の10月だということも今回イベントに参加して知りました。

正式にオープンするときは、また盛大にイベントが開催されそうなので、参加できるようなら忘れずに行ってみたいと思います。

衛武營國家藝術文化中心
住所 高雄市鳳山區輜汽路281號15 鄰
電話 07 763 8808

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る







あわせて読みたい