高雄にあるコンサートホール「衛武営国家芸術文化中心」




こんにちは!台湾在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は高雄にある衛武営国家芸術文化中心で、光のショーを見てきた時のようすをご紹介したいと思います。

衛武営国家芸術文化中心

▲工事中の衛武営国家芸術文化中心

衛武営国家芸術文化中心は、オペラハウス、コンサートホール、プレイハウス、リサイタルホール、野外劇場などで構成されている複合施設です。

正式オープンは2018年10月を予定しているそうですが、11月22日から26日(2017年)まで「The First Seeds-榕樹下的記憶」と言う光のショーを開催していたので、行ってみました。

建物全体の様子は上の動画でご確認ください。

衛武営国家芸術文化中心の行き方

▲MRT鳳山西駅の方から来た時の様子

衛武営国家芸術文化中心へは、 MRT衛武営(O10/橘線)の出入口6番を出ると、建物がすぐ目の前にあるのでわかりやすいと思います。

レンタカーを借りて車で来る時は、MRT鳳山西駅の近くにわりと大きい駐車場があるので、そこから歩いて10分くらいで来れます。



いざ会場へ

▲夜店が何軒も出ていました

今回開催される光のショー「The First Seeds-榕樹下的記憶」は、衛武営国家芸術文化中心(第6劇場)の外観に映像を投影するイベントです。

19:00〜19:50、20:00〜20:50、21:00〜21:50の1日3回行われています。

見物席は以前ブログでご紹介した衛武営都会公園でした。

まだ開演前で準備をしている最中ですが、凄くきれいです!

もしかしたらガラガラなのかなと思っていたのですが、かなりの人が集まっています。

適当に見やすそうなところに陣取ってみました。

開演!

ここまで大規模なのは初めて見ましたが、音もかなりの迫力があります!

光のショーは、環境(自然)問題をテーマにした考えさせられる内容です。

最後は黃子軒與山平快(ZiXuan & Slow Train)のライブが行われていました。



衛武營國家藝術文化中心がいよいよオープン!

2018年10月13日に正式オープンしました!

コンサートホールやオペラホール、戲劇院に表演廳、半分野外の榕樹(ようじゅ)広場や野外ホールなど、見所がたくさんあります。

▲榕樹広場

ガジュマルの木をイメージして作られた榕樹広場は、建物2階と広場の間に巨大な窓が設置されていて、明るくて開放的に感じました。

こちらはインフォメーションとチケット売り場です。

この日は時間がなかったので、何も鑑賞せず帰りましたが、次回はちゃんとレポートしてみたいと思います。

建物内は飲食店や土産物屋などがあり、普通に遊びに来てもいいなと思いました。

▲野外ホール

野外ホールでは台湾原住民(先住民)の方達が、リハーサルを行っていました。

こちらも開演時間に間に合わなそうだったので、様子だけ見て帰りました。

別の日に訪れた時の様子

友人から館内に入っている「Stage5」というお店がおすすめだと聞いて、しばらく時間をおいて訪れてみました。

オープニングから約4ヶ月ほど経ちますが、平日ということもあってかなり空いていますね。

建物の地下にある駐車場もかなり空いていて、利用することができました。

Stage5

衛武營國家藝術文化中心の3階にあるStage5。

Stage5はオープニング時に訪れて、午後のラストオーダーの時間が過ぎてしまっていて入れなかったお店です。

清潔感があり、落ち着いた雰囲気です。

▲85ビル

店内はガラス張りになっていて、眺めも抜群です。

▲ティラミスパイ、レモンパイ、コーヒーに日月潭紅茶

午後はデザートとドリンクのみなので、日月潭紅茶とコーヒー、それにティラミスにレモンパイ、チキンパイを頼みました。

▲チキンパイ

熱々のチキンパイは大きな鶏肉が入っていて、ボリュームたっぷり。

外の生地もしっかりしていて、食べ応えがあります。

思ったより量が多く、レモンパイは食べきれなかったので、持ち帰りにしてもらいました。


屋外劇場

The First Seeds-榕樹下的記憶」や、オープニングイベントの時に利用された屋外劇場ですが、普段は自由に出入りすることができます。

Stage5がある3階からも出入りすることができ、眺めも抜群でした。

クラシックコンサート鑑賞してきました!

▲開演前の様子

この日は、桃園市國樂團の「眾星雲集」を鑑賞しました。

衛武營國家藝術文化中心の地下には駐車場もあるので、雨の日などは濡れずにコンサートなどが楽しめます。

以前から利用者がどのくらいいるのか興味があったのですが、同じ日に「國際陶笛名家音樂會」も開催されていたせいか、開演前の入場口は混雑していました。

こちらも開演前の様子。

音響設備も充実していて、客席からステージまでの距離も近く、とても迫力がありました。

土日がメインになりますが、クラシックコンサートの他にも、オペラやダンスショーなども楽しめるので、高雄にお越しの際はぜひホームページをチェックしてみてください!

まとめ

車で衛武營國家藝術文化中心の前を通るたび、「もう完成したかな?」と思いつつ数年が経ち、ついにオープンした衛武營國家藝術文化中心。

これを機に高雄に遊びに訪れる観光客が増えたり、著名なアーティストのコンサートなどを鑑賞できることを楽しみにしています。

平日はかなり空いているので、飲食店で食事をしたり、目の前の公園を散歩したりゆっくり楽しむことができますよ!

衛武營國家藝術文化中心
住所高雄市鳳山區三多一路1號
電話07 262 6666
時間11:00~21:00
公式ページ衛武營國家藝術文化中心HP
アクセス高雄MRT「衛武營駅」6番出口から徒歩1〜2分。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

あわせて読みたい