《台湾の温泉宿》関子嶺温泉 林桂園石泉會館




こんにちは!
台湾高雄在住日本人のイッセイです。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回は泥温泉で有名な関子嶺温泉で、わたしが何度も訪れている温泉宿をご紹介します。

林桂園石泉會館

台南市白河区にある林桂園石泉會館(グアンズリン リン クエイ ユアン ホット スプリング リゾート)。

関子嶺温泉には度々訪れているのですが、林桂園石泉會館は何度も泊まっているお気に入りのホテルです。

お気に入りのポイントはなんといっても、各部屋に付いている大きな浴槽と、蛇口をひねると出てくる泥温泉です

▲自然に囲まれたコテージタイプの客室

あとは自然豊かで、静かに過ごせるところもお気に入りのポイントです。

▲浴室の裏にはベンチやブランコがあり、涼めるようになっています

逆に言うと、ここは隣の部屋の人も通り道として利用する可能性があるので、入浴する際はブラインドを閉めた方が良さそうですね。

このホテルはペット同伴も可能(プラス1000元)なので、個人的にはこういうお庭的なものがあるのは嬉しいです。



室内

▲スタンダードタイプ(2人部屋)

客室内は清潔で、大きな冷房も付いているのでかなり快適です。部屋の広さも申し分ありません。

写真の奥(窓際)のスペースには、小さな畳が敷いてあり、ここで買ってきたものを頂いたりできます。

▲火山第一客棧の地鶏

食事ができるお店がそんなにあるわけではないので、ある程度限られてくるとは思いますが、関子嶺温泉に来たら、この辺の名物でもある地鶏料理がおすすめです。

以前、竹香園に行った時の記事を書いたことがありましたが、火山第一客棧の地鶏もこの付近ではわりと遅くまで営業していて人気みたいですよ。

この日はこちらの鶏肉に、ライスと野菜炒めを持ち帰ってきたのですが、鶏肉のボリュームがありすぎて、2人で鶏肉を食べるのに精一杯でした。

この鶏の食べ方ですが、ビニール手袋をはめて手づかみで豪快にいただきます。

浴室(泥温泉)

初めてこちらに来た時に驚いたのが、浴室がベッドルームくらい広かったことです。

シャワーの隣にはドアがあり、先ほどのベンチのある裏庭に行くことができます。

誰もいなければブラインドを閉めずに開放的な気分で温泉が楽しめそうですが、前述した通り他の利用者もいるので、わたしは一応ブラインドを閉めて利用しました。

アメニティもシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ、使い捨てハンドタオルなど必要なものは揃っています。


自室で楽しめる泥温泉

矢印の泥漿と書いた蛇口を回すと、勢いよく泥温泉が出てきます。

この浴槽はジェットバスになっているので、泥温泉とジェットバスの両方楽しめるのも嬉しいポイントですね。

泥パックやケミカルライトをいただきました

▲チェックインの際にいただいた、暗闇で光る蛍光ライトと泥パック

せっかくなので泥パックを使ってみましたが、塗った瞬間少しピリピリしたものの、洗い流した後はさっぱりとしてすべすべになりました。

▲林桂園石泉會館の名前入りケミカルライト

パキっと折ると光るケミカルライトは、黄色と緑の2種類入っていて、部屋を暗くしてしばらく楽しみました。

朝食

翌朝は、受付のある建物の2階の食堂で朝食をいただきました。

わりと質素な感じの朝食ですが、昨晩鶏肉をたくさん食べたので、個人的にはちょうど良かったです。

まとめ

台湾で唯一の泥温泉を、自室で思う存分楽める林桂園石泉會館。

台湾南部にお越しの際は、ぜひ訪れてみてほしいホテルです。

林桂園石泉會館
住所 台南市白河區關嶺里53-18號
電話 06 682 3202
チェックイン-チェックアウト 16:00/11:00
アクセス 嘉義駅から台湾好行(バス)⇒関子嶺停留所下車、徒歩約10分。
予約 ⇒このホテルの予約や空室確認はこちら

※訪問時の情報です。当ページで掲載した内容が変更してしまっている可能性もありますので、ご了承ください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

LINEで送る

あわせて読みたい