簡単にできる!台湾でウエスタンユニオン国際送金を受け取る方法

こんにちは!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

今回はウエスタンユニオンを台湾で受け取る方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ウエスタンユニオン

ウエスタンユニオン(英語: The Western Union Company)とは、アメリカ合衆国に本拠地をおく、金融および通信事業の会社である。160年の歴史を持ち、全世界の約200ヶ国で個人送金、企業支払と貿易業務を代行している。

ウィキペディアより引用

ウエスタンユニオンは国際送金サービスを行っていて、一部の国を除いて全世界200ヶ国以上、500,000ヶ所以上ある取扱店でお金を受け取ることができる。

台湾高雄でもウエスタンユニオン国際送金を受け取ることができます。

わたしは今までペイパル(PayPal)を主に利用していましたが、今回はじめてウエスタンユニオンを利用することになりました。

ウエスタンユニオンを利用するメリット

ここでは受取人目線でウエスタンユニオンを利用するメリットを挙げてみます。

・銀行口座を開設する必要がない

・受取手数料がゼロ

・世界のほとんどの国で受取が可能(高雄にも多くの取扱店がある)

思う浮かぶのはこれくらいですが、ウエスタンユニオンでお金を受け取るのに、銀行口座が必要がないのはいいですね!

ウエスタンユニオンで送金されたお金を台湾高雄の銀行に受取に行ってみた

今回は高雄の大衆銀行という所に、ウエスタンユニオンで送金されたお金を受取に行ってきました。

写真にある黄色い看板が目印です。

ウエスタンユニオンの取り扱い店舗は様々で、高雄では大眾銀行の他、元大銀行、京城銀行などで受け取ることができるみたいです。

ウエスタンユニオン・受取に必要だったもの

・パスポート(※)

・送金管理番号(MTCN)

・送金人の氏名

・送金国

・送金金額

※今回は新しく更新したばかりのパスポートを持って行ったのですが、台湾入国のスタンプが押してなかったので古いのを取りに戻りました。

当然パスポート(本人確認)は受取人名と同じ必要があります。

実はいま居留証(ARC)の延長申請中で居留証が手元になく、パスポートも居留証の延長申請時に有効期限が来年の夏までだったので更新しなおしたんですね。

パスポートは本人確認のためだけだろうと新しいのを持って行ったわけですが、銀行員の方が言うには入国のスタンプがないとダメなんですって。

今回のわたしみたいなことはあまりないと思いますが、もしあなたが異国でウエスタンユニオンの受け取りをする際には、その国の入国スタンプが押されてないパスポートは意味がないのでご注意ください(笑)

ウエスタンユニオンの受け取りの際にしたこと

前述した受け取りの際に必要なものを用意していれば、あとは記入用紙に必要事項を書き込むだけで大丈夫です!

あとは送金されたお金を受け取る際にサインをするだけ。

まとめ

海外で仕事をしていると、どうしても自分の国のお金や海外からのお金を現金化する必要が出てきます。

ウエスタンユニオンは送金する際も便利だとは思いますが、送金額や送金する国によって手数料がわかってくるので、銀行などと比べてうまく利用したいと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク