【台湾高雄の物価】アラフォー男の1ヶ月の生活費はいくらか

428f_s

你好!

台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

台湾は物価が高いのか安いのか、いまいちわからないところがあるのですが、今日はわたしが台湾で生活するのに、純粋に自分1人にかかる生活費を計算してみたいと思います。

スポンサーリンク

台湾と日本円の為替レート

日本円で考えた場合、台湾元(TWD)のレートにもよるのですが、2016-11-18現在の1元(TWD)は3.45円になります。

Yahoo!Japanファイナンス

単純計算だと、100元は345円ということになります。

台湾のガソリンの価格

ガソリンの値段 (2016-11-18現在のガソリンと日本円のレート)

・98(ハイオク)=26元(約89円)

・95(レギュラー)=24元(約82円)

・92(バイク用)=22.5元(約77円)

・柴油(軽油)=20元(約69円)

交通の便が悪い高雄では、車かバイク通勤が必須になります。

台湾では通勤の際交通費が出ないようなので、少しでも抑えたいところですね!

バイクが多い理由として、一番に燃費がいいことと、動きやすい、駐車(駐輪)しやすいのがあげられるんじゃないでしょうか。

ちなみにわたしは自宅が仕事場になっているので通勤する必要はありませんが、ブログのネタ探しに外出をするので、月に500元はガソリンを使っているかもしれません。

ガソリンについてはいつか別記事で紹介したいと思います。

台湾の医療費

わたしも台湾で医療制度の恩恵を受けていますが、健康保険に加入すると安いです。

これも日本と同じで収入に応じて毎月の健康保険料が決まるのですが、わたしの場合1200元くらいですかね。

実際に病院で支払う金額はかなり安く、だいたい150元くらいで済みます。

大体の病院は保険証を渡す時に同時に支払います。治療内容や出る薬にもよりますが、わたしの行きつけのクリニックには最後に600元支払っています。(1ヶ月に1回)

他にも耳鼻科に通っていますが、1週間に1回150元払っています。

これも1ヶ月に4回と考えると、600元ですね。

振り返ってみると、毎月医療費だけで2400元かかっています。

台湾高雄の家賃

わたしは分譲マンションを賃貸で借りています。

月15000元+管理費(駐車場代)2230元=17230元です。

現在のレートに換算すると、日本円で59,475円ということになりますね。

台北 台中 台南 高雄
2014年 1,395 608 499 537
2015年 1,429 634 506 588
年変化(%) 2.44 4.28 1.40  9.50

参照:台灣房屋  ※1坪(月)あたりの賃貸料

⬆︎これは台湾の4都市のひと月、一坪あたりの賃貸料の表です。

わたしは台北で生活をしたことがありません。
なのでアパートの相場もわかりませんが、高雄とはかなり開きがありますね。

ですが、上昇率だけ見てみると、4都市の中で高雄の賃貸料の上昇率がダントツで高いです。
発展するのはいいことだと思うけど、これ以上家計を圧迫しないでほしいな(笑)

ざっと調べたところ2016年データはまだないようですが、きっと下がることはないと思います。

ただ正式にオフィスとして許可もおりているので、個人の生活費としては半額差し引いた8615元にしたいと思います。

月15000元+管理費(駐車場代込み)2230元=17230元です。

⇒月8615(管理費、駐車場込み)

光熱費

ざっくりになりますが、1日中クーラーフル稼働で1ヶ月3000元前後でした。

環境も気になりますが、台湾でも高雄は特に暑いところなのでこれだけは欠かせません。

シャワーは1日2回入っています。

電気、ガス、水道すべての込みの料金です。

台湾高雄生活でかかる食費

基本的に台湾で自炊をしません。

1日1〜2食しか食べないので、食べたい時にガッツリ食べます。

外食も決めているわけではありませんが、1日1回であとはフルーツとか弁当とか、その時に食べたいものを買って食べています。

食費はその月によって全然違うので、なんとも言えませんが、1日500元と考えて、

月15000元くらいでしょうか。

あと、毎日の楽しみのコーヒーも食費に足すと+480元で

合計15480元になります。

通信費

マンションは別料金なのと、最初の頃に管理人さんが繋がりづらいと教えてくれたので、マンションのとは別に、無制限のものを借りています。

ちなみに電話ははっきり言って使わないので、家電だけ。

ラインもスカイプもあるので、通話で困ったことは今のところありません。

ただ、フェイスブックやラインなどで、たまに本人確認で携帯電話に送られてきた番号をラインなりフェイスブックに入れなきゃいけない時があるので、使わないけどまた借りる予定です。

通信費580元

日用品

これもその時によりますが、ティッシュにシャンプー、コンディショナー、ボディーソープにサプリメントやドッグフードも入れると、だいたい月に3000元くらいでしょうか。

趣味

趣味って言っても台湾に来てからは、食べ歩きや近場の観光地巡りに、このブログと読書くらいしかないかもしれません。

食べ歩きは食費に入るし、移動にかかるお金はガソリン代に入れているので、ブログの維持費と、月に1-2冊買う、電子書籍代くらいですかね。

レンタルサーバー代=月1080円

電子書籍=月1500円

ドメインはレンタルサーバー借りるときに、付いてきたので無料です。

台湾人の平均支出っていくら?

⬇︎2015年の台湾の各都市の平均支出はこんな感じです。

県市 支出(月/1人)
台北市 27,216
高雄市 21,191
台中市 20,821
台南市 18,110
台東県 14,267
平均 20,421

参照元:行政院主計總處(2015年)

本当は高雄の上に新竹市や、宜蘭市、基隆市など入っていましたが、ここでは簡単な表にしてみました。

やっぱり台北は物価が高いんですね!
高雄とは6000元も違いがあります。

普通のレストランなんかそれほど変わらないイメージがありますが、生活したことがないのでなんとも言えないですね。

まとめ

上で紹介したわたしの1ヶ月の生活費を足してみたいと思います。

・ガソリン=500元

・医療費=2400元

・家賃8615元

・光熱費=3000元

・食費=15480元

・通信費=580元

・日用品=3000元

・趣味=748元

合計34,323元(127,940円)

今回計算してみて、ざっくりとですが、わたしが台湾で使っている生活費は日本円で13,0000円くらいなのがわかりました。

高雄や台北の平均支出額より、若干使っているみたいですね。

ちなみにわたしはヘアカットは自分でしていて、たまに美容室で整えてもらっています。

洋服も日本のブランドが好きなので、日本に帰った時に買うようにしています。

本はKindleでも買いますが、紙の方が好きなので、日本に帰ったときに買ってくるようにしています。

多くて年に3回くらいしか行かないので、そういったものは今回の生活費の計算に入れていません。

毎月の洋服代、日本にいた時の毎晩の交際費が今はほとんどかからないので、台湾に来てからは全然お金を使わなくなりました。

収入も激減しているので、日本にいた頃のペースでは生活できないというのもありますが(笑)

他に漏れはないとは思いますが、気がついたら足していきますね。

以上留学生でもワーホリでもない、普通のアラフォー男の台湾高雄の生活費を晒してみました笑

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク