台湾・高雄でアートを楽しむなら駁二芸術特区!パスポートを使って遊んでみた

你好!
台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。
我是住在台灣高雄的日本人一誠。

高雄は最近快晴で、すでに酷暑と言っていいくらいの体感温度ですが、仕事の合間を縫ってなるべくこちらの情報を発信できるように外に出るようにしています。

なかなか一回で紹介しきれなくて長引いてしまっていますが、駁二芸術特区のポスポート(Pier-2 Pass)で行ける展示場などについてレポートします。

スポンサーリンク

駁二當代館に向かう途中で

パスポートを利用できる4つの施設の中の駁二當代館に向かう途中で面白いオブジェを発見。
と言うか、初めてなのでなんでも新鮮なんですけどね。

天気のいい平日に来れて良かった〜

dsc03449y

これは駁二塔 PIER-2 TOWERを降りてすぐのところにありました。

dsc03455y

楽しすぎる〜笑

dsc03458y
これはどこかのサイトで見たことがあります。
その時ここだったんだ!と思わず独り言を言っちゃいました。
と言うかいたるところこういうのがありすぎて、なかなか先に進めないんですよね。

しかも一つ一つ気になって写真を撮っていたので、日焼け止め塗ってもジリジリ焼けてる感じがします。

dsc03465y
この線路を右に曲がってみます。

6-2-e1466835396194y
拡大はこちら

先ほどは地図の上真ん中よりやや左側でチケットを買い、駁二塔に登りました。
次は大勇区にある駁二當代館を目指しています。

案内所

ここにも何かありそうなので入ってみると。

dsc03481
案内所でした。ここでも多分パスートもここで買えると思います。
アイスを買って少し涼みました。

この案内所もトリックアートみたいなものがあって楽しいですよ。

dsc03494y
⬆︎通りの真ん中にドーンとあった人の横顔のアート

駁二當代館

パスポートが使える二つ目のスポットに到着!

何があるのか楽しみだな〜

dsc03501y
入ってスタッフの方に腕のリングを見せて左側からまわります。
こちらは顕微鏡を使ってタブレットの画面を覗き込みます。

写真は撮れませんでしたが、全てドット(点)でした。
こういうのって大人でも楽しいです。

いろいろなアーティストの作品が楽しめる

建物内は幾つかの展示スペースに区切られていて、この時は6人のアーティストの方々の作品を楽しめました。

作品をゆっくり楽しめるのは、駁二當代館が一番だと思います。
時期によって作家さんたちも変わるようなので、また変わった時に来たいです。

哈瑪星駁二線へ向かう

4y
ちょっと写りが悪いけど、可愛すぎる〜

dsc03586y
このロボットも何かで見たことあると思っていましたが、ここにいたんですね!
この日は酷暑で油断すると熱中症になるんじゃないかと本気で思いました。
レストランでも、パイナップルケーキのお店でも水分補給したけど、途中で売店があったので、行きと帰りに水を買いました。

高雄に来て熱いと思ったら必ずどこかで水分補給してくださいね。

途中にお店があるのは助かります。

dsc03591y
信号待ちの間も日陰にいないと倒れるくらいの強い日差しです。
ここを渡って少し行ったところに哈瑪星駁二線があります。

哈瑪星駁二線

dsc03604y
ここが哈瑪星駁二線の受付になります。
スタッフさんに腕のリングを見せて先に進むと。

dsc03606y
小さな駅がありますね。
哈瑪星駁二線とはこのあたりを走るミニ電車のことなんです。

dsc03611y
さすがにこれに乗るのは抵抗がありました。
でもブログで紹介できると思ったら、すんなり乗れましたけどね(笑)

結局後から来た男性2人とわたしたち、大人4人で発車しました。
B地区周辺を10分くらいかけて走ります。

dsc03642y

スタッフの方達が誘導してくれるんですけど、これがまた余計目立つんです笑

dsc03645y
これで終わりかなと思ったらまだ続きます。

7-1y
そして何度もいろんな人たちに写真を撮られます。
道行く人がみんなわたしたちに注目して、かなり写真も撮られました笑

あとは近くの蓬萊區にある巨大オブジェを見て、In Our Time我們的時代と駁二舊事倉庫によってパスポートを使い切ることができます。

その他の駁二芸術特区の記事はこちら

【台湾・高雄観光】高雄でアートを楽しむ(駁二藝術特區のARTCOでランチ)

台湾・高雄の定番観光スポット・アートを楽しむなら駁二藝術特區

台湾・高雄でアートを楽しむなら駁二藝術特區!パスポートを使って遊ぶ②

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
謝謝讀到最後!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でisseiをフォローしよう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク